【WEC】元アウディのファスラー、トヨタのル・マン参戦オファーを断る

昨年までアウディでWECに参戦していたマルセル・ファスラーが、トヨタ加入のオーファーを断っていたことが分かった。

 元アウディのマルセル・ファスラーは、トヨタからの今季ル・マン24時間参戦についてのオファーを断っていたことが分かった。

 ファスラーは2012年から2016年まで、アウディでWEC(世界耐久選手権)に参加していた。しかし昨年限りでアウディがWECから撤退することを決断したため、今季のWEC及びル・マン24時間レースでのシートは決まっていなかった。

 とはいえ、ファスラーとアウディの関係が途切れたわけではなく、彼は今季、アウディR8 LMSを駆り、ブランパン・スプリントシリーズと、ブランパン耐久シリーズに参戦することになっている。

 ファスラーはこれまで、ル・マン24時間レースを3度にわたって制している。そして今季、トヨタの3台目に乗るオファーが舞い込んだという。しかし彼はこれを断り、トヨタはニコラ・ラピエールと国本雄資、そして当初から決まっていたステファン・サラザンの3人に、ドライブを任せることを決めた。

「それはとても魅力的なオファーだった。しかし、合意することはなかった」

 ファスラーはそうmotorsport.comに対して語った。

「いずれにしても、この連絡をもらえたことを、とても光栄に思っている」

「素晴らしいことだ。しかし、アウディとトヨタの両方でレースをするなんて不可能だった。今季はGT3レースに挑戦するけど、それについては本当にワクワクしていると言っておきたい。だから僕は、ル・マンに出るために、天と地をひっくり返すようなことはしなかったんだ」

 アウディ時代のチームメイトであるアンドレ・ロッテラーは、ポルシェのシートを手にした。また、オリバー・ジャービスも、DCレーシングに加入することになっている。とはいえファスラーは、ブランパンに参戦することを満足していると、さらに強調する。

 彼はスプリントシリーズにはデリエス・バンスールと組み、耐久シリーズではウィル・スティーブンスと組むこととなっている。

「僕は自分のプログラムと、参戦するレース数に満足しているよ」

 ファスラーはそうコメントする。

「現在の予定では、今季は16レースを戦う。去年の2倍だ」

「GT3は、LMP1に比べれば洗練されておらず、遅いマシンだ。しかし、ドライバーのレベルは非常に高い」

Interview by Peter Wyss

【関連ニュース】

【WEC】3台目トヨタのラインアップ発表。国本雄資とラピエールを起用

【WECスパイショット】2017年ポルシェLMP1マシンの全貌が明らかに

【WEC】撤退をも仄めかすトヨタ「ハイブリッド技術の開発が主目的」

【WEC】元アウディのジャービス、LMP2クラスでWEC参戦決定

【WEC, ル・マン】トヨタのカーナンバーは7&8。3台目は9号車に

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans
ドライバー マルセル ファスラー
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ インタビュー