F1
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
Hong Kong
コース

香港ストリート・サーキット

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
26 articles
フィルターをクリアにする
香港ストリート・サーキット
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

香港ストリート・サーキットの最新ニュース

グリッド
リスト

ローゼンクヴィスト、まさかの優勝も「僕は必要なレベルに達してない」

ローゼンクヴィストは、開幕戦のレース2でトップ走行中にスピンを喫したことも含め、自身が”必要なレベル”に達していないと認めた。

アウディ、優勝したアプトの失格裁定について抗議行わないと決断

アウディは、香港レース2で優勝したアプトの失格裁定に対して抗議する意向をみせていたが、結局取り下げることを決断した。 

小林可夢偉、初挑戦FEレース2は17位「今後に向け経験を積めた」

フォーミュラEに初めて挑んだ小林可夢偉。その香港ePrixのレース2は、マシンのトラブルもあり17位に終わった。

アウディ、アプト失格の背景を説明「単純な管理ミスだ」

FE香港ePrixレース2でトップチェッカーを受けたアプトがまさかの失格。チームは”管理ミス”が原因として、裁定に抗議を提出した。

アプトまさかの優勝剥奪。レース後車検で車両違反が見つかる

開幕戦香港ePrixのレース2でシリーズ初優勝を飾ったアプトだが、レース後の車検で違反が発覚し、優勝が剥奪された。

アプトが大逆転でフォーミュラE初優勝。可夢偉ペース上がらず18位

フォーミュラE香港ePrixレース2決勝が行われ、ダニエル・アプトがフォーミュラE初優勝を挙げた。小林可夢偉は18位だった。

ローゼンクヴィスト、香港ePrixレース2のPP獲得。小林可夢偉16番手

フォーミュラE香港ePrixレース2の予選が行われ、ローゼンクヴィストがポールポジションを獲得。小林可夢偉は16番手となった。

レース1優勝バード”ピットレーンでの危険な運転”で10グリッド降格

香港ePrixレース1で優勝したバードは、ピットレーンでの危険な運転が問題視され、レース2で10グリッド降格ペナルティを受ける。

小林可夢偉、無線不調に苦しむ。”ファンブースト獲得”も分からず

フォーミュラEのレースに初めて挑んだ小林可夢偉。しかし無線の不調に見舞われ、エネルギーを使い切れないレースとなった。

小林可夢偉を起用したアンドレッティ「佐藤琢磨にも声をかけていた」

香港ePrixで小林可夢偉を起用したアンドレッティ。チームオーナーのマイケル・アンドレッティに、起用に至る経緯を訊いた。

ペナルティをものともせず、バード開幕戦優勝。デビューの可夢偉15位

フォーミュラE第4シーズンの開幕戦香港ePrixのレース1が行われ、DSヴァージンのサム・バードが優勝を果たした。

ド派手な決着! ベルニュ、スピンしながらPP獲得。可夢偉13位

フォーミュラEの第4シーズン開幕戦、香港ePrixレース1の予選が行われ、テチータのジャン-エリック・ベルニュがポールポジションを獲得した。

新規参戦のジャガー、ノーポイントながら確かな手応え:ジャガーFEプレスリリース

フォーミュラEシーズン3の開幕戦、香港ePrixが10月9日に行われ、ジャガー・フォーミュラEチームはキャロルが12位、ミッチ・エバンスがリタイアに終わった。

ベンチュリ、日本企業ロームのSiCを導入。研究開発を加速させるレース環境

ベンチュリ・フォーミュラEチームは、新しい先端科学技術の導入で、今シーズン上位進出を狙っている。

ピケとバード、両者ピットストップに苦しむ

ネルソン・ピケJr.とサム・バードは、ふたりともピットストップに問題を抱え、表彰台を逃してしまった。

最下位から6位に浮上したフラインス「チームには感謝している。僕のヒーローだ」

フラインスは、予選でのクラッシュで決勝を最下位からスタートしたが、チームの力で6位まで漕ぎ着けることができたと語った。

ディ・グラッシ「諦めなかったから2位を獲得できた」

ディ・グラッシは予想外のピットインを強いられたが、エネルギーセーブが功を奏し2位を獲得したと話した。

香港ePrix、突如のコースレイアウト変更に、ドライバーから苦言が相次ぐ

FP中にシケインでアクシデントが多発したことを受け、ターン3〜4のシケインが変更されたが、多くのドライバーはこれに苦言を呈した。

フォーミュラE開幕戦香港ePrix予選:ピケJr.がPP獲得。ターベイが2番手

フォーミュラE香港ePrix予選は、ネルソン・ピケJr.がポールポジションを獲得した。

フォーミュラE開幕戦香港ePrixフリー走行2回目:クラッシュが相次ぐ難コースで、ベルニュが首位

フォーミュラE開幕戦香港ePrixのフリー走行2回目が行われ、ジャン-エリック・ベルニュがトップタイムを記録した。

フォーミュラE香港ePrixフリー走行1回目はディ・グラッシが首位発進、予選グループ分けも発表

フォーミュラE開幕戦香港ePrixのフリー走行1回目が行われ、ルーカス・ディ・グラッシがトップタイムを記録した。

縁石がないシケインを危険視するドライバー。急遽イン側に対策

ドライバーたちは、香港のストリートサーキットにあるシケインについて、縁石がないため危険だと主張している。