ホンダ、全日本ロードと鈴鹿8耐にHRCとしてワークス参戦復帰を発表

ホンダは、2018年の全日本ロードレース選手権と鈴鹿8耐に、Team HRCとしてワークス参戦することを発表した。

 ホンダは2018年のMFJ全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスとFIM世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久ロードレースに、Team HRCとしてワークス参戦することを発表した。

 ホンダが全日本ロードレース選手権及び鈴鹿8耐にワークス参戦するのは、2008年以来10年ぶりであり、CBR1000RRをベースとしてワークスマシンを投入するという。なお、ライダーにはHRCのワークスライダーである高橋巧を起用することも、併せて発表している。

 今回のワークス参戦決定について、ホンダの執行役員でありブランド・コミュニケーション本部長でもある森山克英は、次のようにコメントを寄せている。

「Hondaワークスチームで参戦し、頂点を目指しチャレンジすると共に、ライダー、チームの人材育成にもつなげていきたいと思います。これからも、モータースポーツファンの皆様のご期待に応えられるように頑張ってまいりますので、Hondaチームへのご声援をよろしくお願いします」

 また、ホンダ・レーシングの野村欣滋代表取締役社長も、次のように語っている。

「国内ロードレースの最高峰クラスであり、2018年は全9戦中、13レースが開催され、ますます激しい争いが見込まれるJRR JSB1000クラスと、鈴鹿8耐という厳しいレースに、ワークスチームとして10年ぶりに参戦します。Team HRCはチャレンジャーとして、一丸となって勝利を目指してまいります。皆様のご声援をよろしくお願いします」

 2018年の全日本ロードレース選手権は、4月7日(土)にツインリンクもてぎで開幕、全9戦(JSB1000クラスは8戦のみ)で行われる。また、鈴鹿8時間耐久レースは、7月26日(木)〜29日(日)にかけ、鈴鹿サーキットで行われる予定だ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIM Endurance
記事タイプ 速報ニュース