TSRがEWC年間王者を獲得、藤井正和監督「鈴鹿が我々を鍛えてくれた」

シェア
コメント
TSRがEWC年間王者を獲得、藤井正和監督「鈴鹿が我々を鍛えてくれた」
執筆: 吉田知弘
2018/08/11 8:26

2018鈴鹿8耐。総合5位に入りEWC年間王者獲得を決めたTSRの藤井正和監督は、鈴鹿のおかげで世界の頂点に立てたと語った。

 鈴鹿サーキットで行われた「コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース」で念願のEWC(世界耐久戦選手権)年間チャンピオンを決めたF.C.C. TSR Honda France。チームを率いて奮闘を続けてきた藤井正和監督が、年間王者を獲得した心境を語った。

 これまで鈴鹿8耐では3勝を挙げている国内名門チームであり、地元鈴鹿に拠点をおくTSR。藤井監督の主導で2016シーズンから主戦場を世界に移し、EWCにフル参戦してきた。

 参戦初年度では、いきなりル・マン24時間レースで3位表彰台を獲得する活躍を見せ、年間ランキングは7位。2年目の2016-2017シーズンはランキング4位と着実に結果を上げた。

 そして参戦3年目となった2017-2018シーズンはル・マン24時間で初優勝を飾ると、スロバキアリンク8時間で3位、ドイツのオッシャースレーベン8時間で優勝。ランキングトップで最終戦となる鈴鹿8耐を迎えた。

 レースでは、フレディ・フォレイ、ジョシュ・フック、アラン・テシェの3人体制で臨み、予選12番手から着実なラインディングを披露。終盤にはチャンピオン争いをするGMT 94 YAMAHA Official EWC Teamと激しいバトルを繰り広げた。ここでもTSRはチャンピオン獲得を確実なものにするため、無理な走りをせず、確実にバイクをゴールまで導いた。

 TSRは最終的に総合5位でチェッカーを受け、ランキング首位を死守。見事、日本チームとして初めてEWCの年間王者に輝いた。

 レース後、チームを率いた藤井監督は、鈴鹿8耐があったからこそチームを鍛え上げることができ、世界に挑戦することができたと話した。

「まず、何と言っても……我々がここにいるのは鈴鹿のおかげだと思います。鈴鹿が我々を鍛えてくれました」

「“なんとか鈴鹿で活躍をしたい”、“鈴鹿でいい結果を出したい”。その思いでレースを続けて、トライをしてきました」

 そう藤井監督は語る。

「我々は、トップライダーを揃えているわけでもないし、マシンもトップというわけでもない。特別なチームではありません。そんな我々みたいなチームでも、世界一になれるんだ、というのをたくさんの人に見せたかったんです」

「今回の結果に関しては、本当に日本の皆さんが後押ししてくれた、“チーム・ジャパン”が助けてくれたと本気で思っているんです。鈴鹿に帰ってきたら絶対にチャンピオンを獲れるという(自信)のがありました。本当にありがとうございました」

 今回の鈴鹿8耐では総合トップ3の表彰式に加えてEWCの年間表彰も行われた。そこで、ポディウムの中央に上がった藤井監督は、鈴鹿の表彰台は別格だとコメント。来年は鈴鹿8耐の総合優勝を獲りたいと次の目標を掲げた。

「鈴鹿の表彰台は……やっぱり最高ですね。僕はグランプリをやっていたから、世界中のサーキットでポディウムに上ってきました。でも、鈴鹿8耐の表彰台は別格です」

「久しぶりに(鈴鹿8耐の表彰台に)帰ってきて、すごく嬉しかったですし、来年は勝ちたいですね」

次の FIM Endurance ニュース
2位表彰台のTeamHRCの高橋巧&中上貴晶「正直、悔しい」

前の記事

2位表彰台のTeamHRCの高橋巧&中上貴晶「正直、悔しい」

次の記事

伊藤真一、23回目の鈴鹿8耐挑戦は“左手骨折”で不完全燃焼

伊藤真一、23回目の鈴鹿8耐挑戦は“左手骨折”で不完全燃焼
Load comments

この記事について

シリーズ FIM Endurance
イベント 鈴鹿8時間耐久ロードレース
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース