ホンダ、鈴鹿8耐の参戦体制を発表。”レッドブル・ホンダ”に清成、ブラドルが加入

シェア
コメント
ホンダ、鈴鹿8耐の参戦体制を発表。”レッドブル・ホンダ”に清成、ブラドルが加入
2019/06/13 10:01

ホンダが2019年の“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会への参戦体制を発表した。

 ホンダは7月25日(木)から開幕する“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会の参戦体制を発表した。

 2018-2019 FIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦となる鈴鹿8耐。2019年はカワサキが鈴鹿8耐に18年ぶりにファクトリー体制で復帰することや、現在4連覇中のヤマハに対しホンダがどういった体制で挑むのかに注目が集まっていた。

 ホンダは昨年10年ぶりにワークスチームを復活させ、Red Bull Honda with 日本郵政として鈴鹿8耐に参戦。しかし、ヤマハを破ることは出来ず2位でフィニッシュとなっていた。

 ホンダのワークスチームとして参戦している『Team HRC』は、今年もレッドブルをパートナーに迎え、チーム名を「Red Bull Honda」として参戦。ライダーのラインアップは現在JSB1000でランキング首位の座につけている高橋巧、そしてスーパーバイク世界選手権(WSBK)に参戦中の清成龍一、HRCの開発ライダーであるステファン・ブラドルの3名だ。なお、ゼッケンナンバーは昨年と変わらず33番となっている。

 昨年に引き続きホンダワークスから鈴鹿8耐に参戦する高橋は、以下のようにコメントを寄せた。

「今年はHondaワークスチームとして挑む2年目の鈴鹿8耐。負けられないという気持ちが強いです。ここまでの全日本ロードレースでも好調を維持できていますし、歯車がかみ合った状態で挑める点は昨年との大きな違いです。なんとしてでも昨年のリベンジを果たしたいと思います。また、2010年に同じチームで優勝した清成さん、MotoGPライダーであるブラドル選手と共に戦えることを大変心強く感じています。ぜひRed Bull Hondaの走りに熱い応援をお願いします」

 そして現在はピレリ製タイヤを使用するWSBKを走る清成だが、ブリヂストンタイヤを使用する事になる鈴鹿8耐に向けた準備は出来ていると語った。

「Hondaワークスチームのメンバーとして鈴鹿8耐に戻ってこられたことを、大変誇りに思います。これまでのテストでブリヂストンタイヤへの適応はできていますし、本番を最高の状態で迎えられるよう、自分の役割をしっかりと果たしたいです。CBR1000RR SP2は、いつもWSBKで乗っているマシンですし、期待に応えられるように頑張りたいです。ぜひ鈴鹿に足を運んでいただきRed Bull Hondaへの応援を、よろしくお願いします」

 そして、MotoGPマシンの開発も行っているブラドルは鈴鹿8耐に参戦できる喜びを寄せた。

「Hondaワークスチームの一員として参加できて、とても嬉しく思います。Hondaにとって重要なレースの一つであり、多くの名高い伝説のライダーが勝利してきた、このような大きなイベントに参加することに非常に興奮しています。鈴鹿8耐の優勝経験のある強力なチームメートと共に鈴鹿のファンへ最高のレースを見せるために最善を尽くします」

 2017-2018シーズンのEWCシリーズチャンピオンを獲得した「F.C.C. TSR Honda France」は、現在シリーズランキング3位。フレディ・フォレイ、ジョシュ・フック、マイク・ディ・メリオの3名で逆転王者を狙う。

「au・テルル SAG RT」はJSB1000に参戦中の秋吉耕佑、羽田大河にMoto2参戦中の長島哲太が加わる3名体制となる。

「KYB MORIWAKI RACING」のライダーは、JSB1000に参戦している高橋裕紀と、MFJ全日本ロードレース選手権ST600クラスに参戦中の小山知良が決定。また、これまでに3度の鈴鹿8耐優勝経験を持つ「MuSASHi RT HARC-PRO. Honda」は、JSB1000でランキング4位につけている水野涼と英国スーパーバイク選手権に参戦中のチャビ・フォレスの参戦が決定している。

 ワークス体制2年目のホンダ、8耐4連覇中のヤマハ、そしてファクトリー体制を復活させたカワサキといったメーカーの威信をかけた戦いや、そこに挑むプライベーターのヨシムラスズキ……といった構図の今年の鈴鹿8耐は、また暑い夏となりそうだ。

次の記事
ヨシムラズズキ、鈴鹿8耐の参戦体制を発表。10年ぶりの優勝はなるか?

前の記事

ヨシムラズズキ、鈴鹿8耐の参戦体制を発表。10年ぶりの優勝はなるか?

コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , FIM Endurance
イベント Suzuka 8 Hours
まずは最新ニュースを読む