F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
55 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
71 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
85 days

カワサキ、鈴鹿8耐に18年ぶりファクトリー参戦復帰! 1993年の栄冠再現なるか?

シェア
コメント
カワサキ、鈴鹿8耐に18年ぶりファクトリー参戦復帰! 1993年の栄冠再現なるか?
2019/04/26 8:29

川崎重工は、Kawasaki Racing Teamとして今年の鈴鹿8時間耐久ロードレースを戦うことを発表した。

 川崎重工は、「2018-2019FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦"コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会」にファクトリーチームであるKawasaki Racing Teamとして参戦することを発表した。

 1980年代後半から鈴鹿8耐にファクトリーチームを送り込んでいたカワサキは、1993年に伊藤ハムレーシング・カワサキ(スコット・ラッセル/アーロン・スライト組)として初優勝を果たした。しかし2001年を最後に鈴鹿8耐から撤退し、MotoGPへと注力していった。2014年からは、カワサキ・モータース・ジャパンが運営する「Team GREEN」として鈴鹿8耐に参戦。2016、2017年は2位、2018年は3位の座を獲得している。

 帰ってきたファクトリーチームのライダーは、スーパーバイク世界選手権(WSBK)を4連覇しているジョナサン・レイを起用。同じくWSBKに参戦しているレオン・ハスラム、トプラック・ラズガットリオグルという強力トリオを揃えた。監督はギム・ロダが務め、マシンは鈴鹿8耐仕様のNinja ZX-10RRだ。

 鈴鹿8耐は、現在ヤマハのファクトリーチームが4連覇中。昨年からはホンダも鈴鹿8耐にワークスチームのTeam HRCを参戦させている。

 3メーカー直属のチームがぶつかり合うことになる今年の鈴鹿8耐。見逃せない一戦となりそうだ。

次の記事
鈴鹿8耐、メーカー応援席詳細が決定。プラスチック製特別パスが登場

前の記事

鈴鹿8耐、メーカー応援席詳細が決定。プラスチック製特別パスが登場

次の記事

【ギャラリー】2019ヤマハ鈴鹿8耐 “TECH21”カラーYZF-R1

【ギャラリー】2019ヤマハ鈴鹿8耐 “TECH21”カラーYZF-R1
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIM Endurance , 全日本ロードレース選手権