鈴鹿8耐フリー走行|HRCの長島哲太がトップタイム! YARTヤマハ、カワサキが追う展開

2022年の鈴鹿8時間耐久ロードレースの金曜日フリー走行が行われた。このセッションでトップタイムを記録したのは#33 Team HRCだった。

鈴鹿8耐フリー走行|HRCの長島哲太がトップタイム! YARTヤマハ、カワサキが追う展開
Listen to this article

 三重県・鈴鹿サーキットで第43回鈴鹿8時間耐久ロードレースのフリー走行が行なわれ、#33 Team HRCがトップタイムをマークした。

 鈴鹿8時間耐久ロードレース、通称”鈴鹿8耐”は2019年の開催を最後に、新型コロナウイルスの影響で開催中止が続いてきた。そして迎えた今年、実に3年ぶりの開催に漕ぎ着け、コロナ禍以降の日本における国際レースイベントの先駆けにもなった。

 テスト期間は好天に恵まれていた今年の鈴鹿8耐。ただ金曜フリー走行は一部にウエットパッチの残る状況でスタートした。なおセッション中には強い雨が降り出すという予報も出ていたが、ギリギリで天候は保たれた。

 2022年の鈴鹿8耐には、2019年勝者のカワサキがスーパーバイク世界選手権で多数のタイトルを獲得しているジョナサン・レイをはじめとする実力者を再び招集。ホンダのワークスチームであるTeam HRC(長島哲太/高橋巧/イケル・レクオナ)、FIM EWCレギュラー参戦のYARTらとの戦いを繰り広げることが予想されている。

 フリー走行では#61 Team de"LIGHTや#15 TEAM HANSHIN RIDING SCHOOLなどの転倒が発生。特に残り時間30分となった終盤に起きた#15の転倒では赤旗が掲出され、10分ほどの中断を挟むことになった。

 さらにセッション再開後残り時間20分を切った頃、#34 Honda Ryokuyoukai Kumamoto Racingがスプーンカーブでクラッシュ。この転倒で再び赤旗中断となってしまった。

 そんな中#33 Team HRCの長島哲太が非常に好調な走りを見せ、セッション序盤に2分5秒823というタイムを記録して、暫定トップタイムとなった。このタイムは結局フリー走行終了まで更新されることがなく、予選前最後のセッションとなる金曜FPはHRCが制することになった。

 2番手となったのは#7 YART-YAMAHA OFFICIAL TEAM EWC(マービン・フリッツ/ニッコロ・カネパ/カレル・ハニカ)。2分6秒408で、HRCからは0.585秒差だった。3番手は2分6秒408を記録した#73 SDG Honda Racing(名越哲平/浦本修充/榎戸育寛)だ。

 そして4番手には2分7秒100で#10 Kawasaki Racing Team Suzuka 8H(ジョナサン・レイ/アレックス・ロウズ/レオン・ハスラム)が続き、#1 Yoshimura SERT Motulも5番手に並んだ。

 鈴鹿8耐はこのあと金曜日に予選が実施される。各チームのライダーがそれぞれアタックを実施し、上位10チームがポールポジションを決する土曜日のトップ10トライアルへ進むことになる。

Read Also:

【リザルト】第43回鈴鹿8時間耐久ロードレース フリー走行

Pos. No. Team Model B. Lap
1 33 Team HRC CB R1000 RR-RSP 2:05.823
2 7 YART - Yamaha Official Team EWC YZF-R1 2:06.408
3 73 SDG Honda Racing CB R1000 RR-R 2:06.838
4 10 Kawasaki Racing Team Suzuka 8H ZX 10RR 2:07.100
5 1 Yoshimura SERT Motul GSXR-1000R 2:07.137
6 5 F.C.C. TSR Honda France CB R1000 RR-R Fireblade 2:07.414
7 17 Astemo Honda Dream SI Racing CB R1000 RR-R 2:07.851
8 72 Honda Dream RT SAKURAI HONDA CB R1000 RR-R 2:07.912
9 37 BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAM M1000RR 2:08.050
10 9 Murayama. Honda Dream. RT CB R1000 RR-R 2:08.130
11 25 Honda Sofukai Suzuka Racing Team CB R1000 RR-R 2:08.282
12 806 NCXX RACING with RIDERS CLUB YZF-R1 2:08.363
13 104 TOHO Racing CB R1000 RR-R 2:08.902
14 95 S-PULSE DREAM RACING ?ITEC GSX-R1000R 2:08.946
15 11 WEBIKE SRC KAWASAKI FRANCE ZX 10RR 2:09.373
16 2 EVA RT 01 Webike TRICKSTAR ZX 10R 2:09.386
17 64 Kawasaki Plaza Racing Team ZX 10RR 2:09.850
18 40 Team ATJ with JAPAN POST CB R1000 RR-R 2:09.946
19 50 TEAM KODAMA YZF-R1 2:10.013
20 3 KRP SANYOKOGYO&RS-ITOH ZX 10RR 2:10.087
21 85 TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW M1000RR 2:10.326
22 112 Honda Soyukai Tochigi Racing & Dream RT CB R1000 RR-R 2:10.543
23 74 AKENO SPEED.YAMAHA YZF-R1 2:10.641
24 88 Honda Asia-Dream Racing with SHOWA CB R1000 RR-R 2:11.018
25 54 GOSHI Racing CB R1000 RR-R 2:11.794
26 44 SANMEI Team TARO PLUSONE M1000RR 2:11.803
27 52 TERAMOTO@J-TRIP Racing GSXR-1000R 2:11.839
28 15 TEAM HANSHIN  RIDING SCHOOL ZX 10RR 2:12.181
29 31 Hamamatsu Team TITAN GSXR-1000R 2:12.197
30 61 Team  de"LIGHT Panigale V4R 2:12.584
31 69 Auto Race UBE KEN RACING YIC ZX 10RR 2:12.593
32 70 OGURA CLUTCH ORC with RIDE IN YZF-R1 2:12.661
33 89 CLUB NEXT & Honda Dream TAKASAKI CB R1000 RR-R 2:12.741
34 60 Honda Hamamatsu ESCARGOT RT CB R1000 RR-R 2:13.384
35 27 TransMapRacing with ACE CAFE GSXR-1000 2:13.562
36 82 Team BIZENSEIKI Kirimoto Techno Works ZX 10RR 2:13.675
37 34 Honda Ryokuyoukai Kumamoto Racing CB R1000 RR-R 2:13.828
38 42 Shinshu activation project Team NAGANO S1000RR 2:13.969
39 99 ADVANCE MC & FOC CLAYMORE EDGE with DOGHOUSE GSXR-1000R 2:14.477
40 78 Honda Blue Helmets MSC Kumamoto & Asaka CB R1000 RR-R 2:14.870
41 41 IRF with AZURLANE YZF-R1 2:14.891
42 51 T.MOTOKIDS TAKADA I.W. NAC YZF-R1 2:15.323
43 45 YSS Mercury with TKm ZX 10RR 2:17.066
44 71 Team MATSUNAGA KDC & YSP NAGOYA KITA YZF-R1 2:17.123
45 38 K'sWORKS RACING YZF-R1 2:17.373
シェア
コメント
ホンダ、鈴鹿8耐の参戦体制を発表。ワークスチーム『長島哲太、レクオナ、高橋巧』で挑む
前の記事

ホンダ、鈴鹿8耐の参戦体制を発表。ワークスチーム『長島哲太、レクオナ、高橋巧』で挑む

次の記事

ホンダ速い! Team HRCが予選トップでポール争いへ。カワサキ余裕のTOP10トライアル進出|鈴鹿8耐予選

ホンダ速い! Team HRCが予選トップでポール争いへ。カワサキ余裕のTOP10トライアル進出|鈴鹿8耐予選