2018鈴鹿8耐開幕! 初日スポーツ走行は21番ヤマハがトップ

シェア
コメント
2018鈴鹿8耐開幕! 初日スポーツ走行は21番ヤマハがトップ
執筆: 吉田知弘
2018/07/26 10:13

2018年の“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースが開幕。初日の特別スポーツ走行では#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMが頭一つ抜け出る速さをみせた

  今年で41回目を迎える“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースが26日に鈴鹿サーキットで開幕。初日の特別スポーツ走行は#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMがトップタイムを記録した。

 明日からの予選セッションに備えて、木曜日の午後に3回の特別スポーツ走行が実際され、今回参戦する各チームのマシンが最後のチェック走行を行った。

 その中でも総合4連覇を狙う#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMは、1回目のセッションからライバルを圧倒する速さを発揮し、唯一3セッションとも2分07秒台をマーク。2回目のセッションで中須賀克行が記録した2分07秒213がこの日の総合トップタイムとなった。

 これで#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMが一歩リードかと思われたが、最後のセッションで#11 Kawasaki Team GREENのレオン・ハスラムが2分07秒227を記録。総合結果でトップに0.014秒差に迫る総合2番手につけ、#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMに肉薄する速さをみせた。

 10年ぶりにワークス参戦を果たすホンダは、#33 Team HRCが2分08秒155で3番手。このほかにも、4番手に#634 MuSASHi RT HARC PRO. Honda、5番手に#090 Teluru. MotoUP RTとホンダ勢が上位に名を連ねた。

 また、EWCのシリーズチャンピオン獲得に王手をかけている#5 F.C.C. TSR Hondaは総合7番手で初日のセッションを終えた。

 明日は午前9時からフリー走行が行われ、午後に各ライダーとも2回ずつの予選セッションが予定されている。ここでトップ10を除く予選グリッドが決定する。

次の FIM Endurance ニュース
2018年鈴鹿8耐は今週末開催。4メーカーが激突する、大熱戦の予感

前の記事

2018年鈴鹿8耐は今週末開催。4メーカーが激突する、大熱戦の予感

次の記事

台風12号の影響が懸念される鈴鹿8耐。今のところ予定通り開催

台風12号の影響が懸念される鈴鹿8耐。今のところ予定通り開催
Load comments

この記事について

シリーズ FIM Endurance
イベント 鈴鹿8時間耐久ロードレース
サブイベント 木曜特別スポーツ走行
執筆者 吉田知弘
記事タイプ フリー走行レポート