鈴鹿8耐、2018年の開催概要発表。今年のテーマは「#ハンパない!」

シェア
コメント
鈴鹿8耐、2018年の開催概要発表。今年のテーマは「#ハンパない!」
2018/03/26 6:41

3月25日、東京モーターサイクルショーにて、今年の鈴鹿8時間耐久レースの開催概要が発表された。

 1978年の初開催から、今年の7月26日~29日の開催で41回目を数える”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久レース。3月25日の東京モーターサイクルショーにて、その開催概要が発表された。

 昨年、第40回記念大会を迎えた鈴鹿8耐。FIM世界耐久選手権の最終戦となり注目度が上がったほか、イベントエリアでロックフェス「8フェス」を行うなど、節目の年に新たなスタートを切った。

 今年の”コカ・コーラ”鈴鹿8耐は「#ハンパない!」をテーマに、10代から20代を中心とした将来のファンへ向けて、ただのバイクレースに留まらないイベントを目指し、取り組みを進めていくという。

 中でも、16歳~22歳の入場料金が無料となる『ヤング割0円キャンペーン』は注目だ。事前に申し込みを行えば、対象となる方は鈴鹿8耐を無料で観戦できるというお得なキャンペーンが今年も継続される。

 また、第41回大会の決勝レースが全国無料放送のBS12 トゥエルビで生中継されることも発表された。放送日時は7月29日の11時~20時30分を予定。現地観戦ができないファンにとって、とても嬉しい試みだ。

 昨年も行われた「8フェス」。今年の第1弾出演アーティストとしてアンダーグラフ、175R、Sonar Pocketの出演が決定。175Rは2年連続の出演となる。バイクレースと音楽イベントを同時に楽しむという、新たな観戦スタイルを若いファンに提供するこのイベント。5月中旬には出演アーティスト第2弾が発表される予定だ。

 その他にも、様々な取り組みが予定されている鈴鹿8耐。今後の追加情報も含め、詳しくは鈴鹿サーキットの特設ページ(http://www.suzukacircuit.jp/8tai/)で確認してほしい。

次の FIM Endurance ニュース
クラッチロー、HRCからの鈴鹿8耐参戦オファーを断る

前の記事

クラッチロー、HRCからの鈴鹿8耐参戦オファーを断る

次の記事

ホンダ、全日本ロードと鈴鹿8耐にHRCとしてワークス参戦復帰を発表

ホンダ、全日本ロードと鈴鹿8耐にHRCとしてワークス参戦復帰を発表

この記事について

シリーズ FIM Endurance
記事タイプ 速報ニュース