F1
05 9月
-
08 9月
イベント 進行中 . . .
19 9月
-
22 9月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
21 時間
:
39
:
14
スーパーGT
07 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
21 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
1 days
スーパーフォーミュラ
17 8月
-
18 8月
イベントは終了しました
28 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
8 days

ジョナサン・レイ「ペースは良い」ファクトリー復活のカワサキは優勝なるか?

シェア
コメント
ジョナサン・レイ「ペースは良い」ファクトリー復活のカワサキは優勝なるか?
執筆:
2019/07/27 11:57

鈴鹿8時間耐久ロードレースの予選で2番グリッドを獲得した#10 Kawasaki Racing Team。決勝レースに向けては良いペースがあると語った。

 今年、18年振りにファクトリーチームを復活させ、第42回“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースに挑んでいるカワサキ。公式予選では2番手タイムを記録し、トップ10トライアルが中止となったことで、決勝レースは2番グリッドから挑むこととなった。

 #10 Kawasaki Racing Teamはスーパーバイク世界選手権(WSBK)の絶対王者ジョナサン・レイ、そのチームメイトであるレオン・ハスラム、同じくWSBKで活躍するトプラック・ラズガットリオグルと強力な布陣を敷いている。

 予選トップ3の会見で、ハスラムは「チーム全体が非常に良い状態だと思う。(良い)ラップタイムも刻んできているし、雨の中での走行もして調子はいい。今日は予選を走ることができず残念だったけど、明日はレースでベストを尽くしたい」と、決勝レースに向けて準備が進んでいると語った。

 また、トプラックは「僕は初めての8耐なので、まだよく分からないところもあるけど、テストの結果やフィーリングはすごく良かった。チーム自体も出来上がっていると思う。明日の8耐は頑張りたい」と語っている。

 トプラックは初の鈴鹿8耐ながらも予選ではチームメイトと遜色ない2分6秒台の走りを記録するなど、WSBKで見せている強さを遺憾なく発揮。決勝レースでも良い走りを期待できそうだ。

 そしてチームのエースであるレイは「週末を振り返ると、ステップバイステップで進んできていると思う。水曜日のパフォーマンスには満足していなかったんだけど、木曜日には少し良くなって、昨日はかなりペースを掴めたと思う」と、このレースウィークで改善が進んだと話した。

「3人のペースがとても良くて、レースセットアップでもいいタイムを刻むことができているんだ。明日は長いレースで、何が起きてもおかしくないレースだ。僕らはその中でも良い位置にいると思うから、そこでベストを尽くしたいと思っている」

「今日はたくさんのファンの前で予選(TOP10トライアル)ができなくて残念だったけど、良い決断だったと思う。明日はベストを尽くして頑張るよ」

 そうレイは言葉を締めくくった。

Read Also:

次の記事
「3番手は最低限」ファクトリー2年目のホンダ、決勝で逆転を目指す

前の記事

「3番手は最低限」ファクトリー2年目のホンダ、決勝で逆転を目指す

次の記事

【鈴鹿8耐】4時間レポート:折返しはカワサキが首位。ホンダ&ヤマハと三つ巴の戦いに

【鈴鹿8耐】4時間レポート:折返しはカワサキが首位。ホンダ&ヤマハと三つ巴の戦いに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIM Endurance
イベント Suzuka 8 Hours
サブイベント Saturday
執筆者 永安陽介