Moto2オーストリア予選:バニャイヤが他を寄せ付けずPP。長島21番手

シェア
コメント
Moto2オーストリア予選:バニャイヤが他を寄せ付けずPP。長島21番手
執筆: 松本 和己
2018/08/11 14:15

MotoGP第11戦オーストリアGPのMoto2クラス予選は、フランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)がポールを獲得した。

 MotoGP第11戦オーストリアGPのMoto2クラス予選が行われ、フランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)がポールポジションを獲得した。

 予選開始早々、バニャイヤが積極的にアタック。週末のベストタイムを更新すると、1分29秒409を記録しMoto2クラスのコースレコードに迫った。

 セッション折り返しを迎えた頃、4番手につけていたルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が7コーナーで転倒。コース上にバイクやデブリが残ってしまった。

 マリーニ本人は無事でバイクもすぐに回収されたが、コース上にデブリが落ちていることもあって、赤旗が出されセッションが一時中断となった。また、同タイミングでジョアン・ミル(EG 0,0 Marc VDS)も転倒を喫している。

 残り21分からセッションが再開されるが、アレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)も転倒するなど荒れた展開の中、トップのバニャイヤ、2番手につけたミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)はピットで展開を見守っていた。

 すると、マッティア・パッシーニ(Italtrans Racing Team)が残り10分のタイミングで2番手に浮上した。しかし走路外走行があったようで、このタイムは抹消されてしまった。

 誰もバニャイヤのタイムを上回れない中、残り8分を切りバニャイヤもピットを離れ、最後のアタックへ向かった。

 ファビオ・クアッタハッホ(Speed Up Racing)が3番手に浮上するも、結局バニャイヤのタイムを上回るものは現れず、今季3度目のポールポジションを獲得した。ポイントリーダーのオリベイラが、ランキング2位のバニャイヤを追う2番手につけている。

 しかし、そのバニャイヤはスロー走行。3コーナーでサーキットの外周路にバイクを出し、押して帰ることになってしまった。ロレンツォ・バルダッサーリ(Pons HP40)やクアッタハッホも同様にマシンを止めている。なおバニャイヤはガス欠、クアッタハッホは電気系の問題だったようだ。

 日本の長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)は、21番手で予選を終えている。

【リザルト】MotoGP第11戦オーストリアGP:Moto2クラス予選結果

次の Moto2 ニュース
最終周最終コーナーまで大激戦。オリベイラが優勝。ロッシ弟のマリーニ2位

前の記事

最終周最終コーナーまで大激戦。オリベイラが優勝。ロッシ弟のマリーニ2位

次の記事

Moto2オーストリア:最終周最終コーナーのドラマ。激戦制しバニャイヤ5勝目

Moto2オーストリア:最終周最終コーナーのドラマ。激戦制しバニャイヤ5勝目
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
イベント シュピールベルグ
執筆者 松本 和己
記事タイプ 予選レポート