Moto2イギリス予選:ランク首位バニャイヤが土壇場PP。長島哲太は21番手

シェア
コメント
Moto2イギリス予選:ランク首位バニャイヤが土壇場PP。長島哲太は21番手
2018/08/25 16:13

第13戦イギリスGPのMoto2クラス予選は、フランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)がポールポジションを獲得した。

 MotoGP第13戦イギリスGPのMoto2クラス予選は、フランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)が今季4度目のポールポジションを獲得した。

 MotoGPクラスの予選中に降った雨も止み、徐々にコンディションが回復していく中、セッションが行われた。

 各車が精力的に走行を重ねる中、地元のサム・ロウズ(Swiss Innovative Investors)や、そのチームメイトのイケル・レクオーナが好タイムを連発した。

 しかしセッション終盤になると、彼ら以外のライダーも自己ベストを叩き出す。アレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)、レミー・ガードナー(Tech 3 Racing)がトップタイムを更新するが、最後にタイムシートの一番上に立ったのは、ポイントリーダーのバニャイヤだった。

 ランキング2位のミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)が23番手に沈んだこともあり、バニャイヤにとってはリードを広げる絶好の機会となった。

 2番手のガードナーは自己ベストグリッドを更新、初のフロントロウ獲得となる。

 長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)は21番手だった。

【リザルト】MotoGP第13戦イギリスGP:Moto2予選

次の Moto2 ニュース
MotoGPコラム:続々決まる来季ラインアップ。日本人ライダーの状況は?

前の記事

MotoGPコラム:続々決まる来季ラインアップ。日本人ライダーの状況は?

次の記事

MotoGPイギリスGP:スケジュール変更甲斐なく、雨のためスタートディレイ

MotoGPイギリスGP:スケジュール変更甲斐なく、雨のためスタートディレイ
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
イベント シルバーストン
記事タイプ 速報ニュース