Moto2オーストラリア決勝:ビンダー、僅差で今季3勝目。長島哲太13位

シェア
コメント
Moto2オーストラリア決勝:ビンダー、僅差で今季3勝目。長島哲太13位
執筆: 松本 和己
2018/10/28 4:16

MotoGP第17戦オーストラリアGPのMoto2クラスの決勝レースが行われ、ブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)が今季3勝目を挙げた。

 MotoGP第17戦オーストラリアGPのMoto2クラス決勝は、ブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)が今季3勝目を挙げた。

 25周のレースはスタート前から波乱。2番手スタートのマルセル・シュロッター(Dynavolt Intact GP)がフォーメーションラップに走り出せず、最後尾グリッドからのスタートとなってしまった。

 ポールポジションのマッティア・パッシーニ(Italtrans Racing Team)が早々と転倒リタイア。これで5番手スタートのビンダーがレースをリードすることになった。

 しかしビンダーには一気に逃げ切る速さはなく、レース後半はシャビ・ビエルヘ(Dynavolt Intact GP)を先頭に7台ほどが優勝争いを繰り広げた。

 ファイナルラップでは転倒したライダーが出た影響もあり、ビンダーとジョアン・ミル(EG 0,0 Marc VDS)の一騎打ちに。ミルは最終コーナーの立ち上がりでその差を詰めたものの、なんとかビンダーが0.036秒差で抑え優勝を飾った。3位にはビエルヘが入っている。

 タイトル争いをしているミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)とフランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)はペースが奮わず。それぞれ11位、12位と上位フィニッシュはできなかった。

 オリベイラがわずかにポイント差を縮めたものの、バニャイヤは36ポイントリードと次戦マレーシアGPでの戴冠に向けて有利な立場に立っている。

 長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)は13位でフィニッシュ。これで4戦連続のポイント獲得となった。

【リザルト】MotoGP第17戦オーストラリアGP:Moto2クラス決勝

次の記事
クアッタハッホ、タイヤ内圧違反で失格。バニャイヤ繰り上がり優勝

前の記事

クアッタハッホ、タイヤ内圧違反で失格。バニャイヤ繰り上がり優勝

次の記事

危険行為で資格停止のフェナティ、来季Moto2に復活の可能性?

危険行為で資格停止のフェナティ、来季Moto2に復活の可能性?
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
イベント フィリップアイランド
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース