Moto2 カタルニア

Moto2の小椋藍、ホンダと訣別へ? 2024年にMt Helmets移籍の噂

ロードレース世界選手権(MotoGP)のMoto2クラスを戦う日本人ライダーの小椋藍は、ホンダ・チーム・アジアから離脱する予定のようだ。

Ai Ogura, Honda Team Asia

 Moto2クラスに参戦する小椋藍が、来シーズンからホンダと袂を分かつことになりそうだ。

 現在22歳の小椋はホンダの育成ライダーとして、アジアタレントカップ、ルーキーズカップと世界選手権への登竜門を通過。2019年から世界選手権Moto3クラスにフル参戦を開始した。

 2022年にはMoto2クラスでタイトルを争う活躍を見せ、母国戦日本GPでは日本人ライダーによる16年ぶりの勝利を記録するなど、期待の若手選手として注目度も俄然上昇していた。

 しかしそんな小椋が、ホンダ旗下から離れることを決めたという噂が、にわかに聞こえて来ている。

 そもそも小椋は昨年の活躍もあり、2023年にMotoGPクラスへの昇格を打診されていた。しかし小椋はMoto2でさらに戦うことを望み、そのオファーを断っていた。

 だが今季、小椋はプレシーズンテスト前の怪我による準備不足なども祟り、タイトル争いどころか表彰台からも遠ざかってしまうレースが続いた。

 なんとか小椋もサマーブレイク直前には調子を取り戻し、後半戦でも好調は維持しているが、既にMoto2クラスのタイトル争いの可能性は無いと見られている状況だ。そしてMotoGPクラスでは中上貴晶がLCRホンダに残留することがほぼ確定していて、小椋が昇格する可能性も無くなった。そのためホンダと小椋は、互いに袂を分かつことで同意したという。

 ここには現在のホンダ・チーム・アジア内部の事情も関わってくる。彼らは体格の問題もあってMoto3での継続が難しいマリオ・アジを昇格させるためのMoto2のシートを必要としているのだ。

 様々な情報を照らし合わせると、小椋は2024年にMt HelmetsのMoto2チームへと移籍すると見られている。2022年からMoto3クラスに参戦を開始しているMt Helmetsだが、来季はMoto2から撤退するPons Racingを引き継ぐ形で参戦することが既に明らかになっている。

 小椋はMt HelmetsのMoto2チームへ加入し、チームメイトにはゼルジオ・ガルシアが継続起用される線が濃厚と見られている。

 

前の記事 MotoGP昇格も噂されたアルボリーノ&ディクソン、来季もMoto2残留へ。モルビデリがプラマック入り?
次の記事 Moto2カタルニア予選|小椋藍が3番手フロントロウ確保! ポールポジションはジェイク・ディクソン

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本