F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
12 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days

アレックス・マルケス、マルクVDSとの契約を延長。来季もMoto2参戦

シェア
コメント
アレックス・マルケス、マルクVDSとの契約を延長。来季もMoto2参戦
執筆:
2019/08/14 7:37

Moto2クラスでランキング首位を走っているアレックス・マルケスは、マルクVDSとの契約を1年延長。少なくともあと1年は、Moto2クラスでの戦いを続けることになった。

 MotoGP最高峰クラスで圧倒的な強さを発揮しているマルク・マルケス。その弟であるアレックス・マルケスも、今季Moto2クラスを席巻しており、ここまで5勝をあげてランキング首位を独走している。

 その強さにより、来季MotoGPに昇格する可能性もあったアレックス・マルケスだが、現所属チームのマルクVDSとの契約を1年延長し、来季もMoto2クラスを走ることになった。

「来季、Estrella Galicia 0,0 Marc VDSでMoto2のカテゴリーを続けることを発表でき、とても嬉しい」

 そうマルケスは語った。

「チームが信頼してくれたことに、とても感謝している」

「技術的な構造が変更され、現在の僕の成功の重要な部分となった。ライダーとして成長するために、もう1年Moto2での戦いを続けることができる。そしてライディングのレベルをさらに上げ、MotoGPへ飛躍するという夢を実現するための準備をするんだ」

 マルケスには、ペトロナス・スプリンタのMoto2チームからも誘いがあったと言われている。しかしヤマハは、1年後にMotoGPマシンをサテライトチームにもう1台供給することに消極的だったとされ、結局交渉は決裂することとなったようだ。

 今回の発表により、マルケスはMoto2クラスで6年目のシーズンを迎えることになった。

「彼がもう1年我々と共に戦ってくれることを、本当に嬉しく思う」

 チームオーナーのマルク・ファン・デル・ストラテンはそう語った。

「彼が来年MotoGPに昇格するという可能性は、我々のことを大いに興奮させた。なぜなら彼は、それに値するからだ。ただ、別のチームに移籍してMoto2でもう1年過ごすという選択肢に関しては、私は良く思わなかった」

「もし今年、彼がタイトルを獲得したなら、このカテゴリーで(もう1年)ライバルチームと戦うのは良いことじゃないだろう。しかし幸いにも、彼はここにとどまり、Moto2でのキャリア全体をこのチームで完結させることができる」

 マルケスのマネージャーであるエミリオ・アルザモラは、MotoGP最高峰クラス昇格に向けてプラマック・ドゥカティと話し合いを持ったという。またドゥカティの別のサテライトチームであるアヴィンティアも、マルケス獲得に興味を持っていることを公に認めていた。また、今季限りでヨハン・ザルコがKTMを離れることを決断したため、このシートが空く可能性もあった。

 そんな状況にも関わらず、マルケスはもう1年Moto2クラスを戦うことを選んだ。

Read Also:

次の記事
KTM、MotoGP参戦を2026年まで延長。Moto2は撤退へ

前の記事

KTM、MotoGP参戦を2026年まで延長。Moto2は撤退へ

次の記事

KTM離脱のザルコ、MotoGP残留は望み薄。Moto2”出戻り”も選択肢に?

KTM離脱のザルコ、MotoGP残留は望み薄。Moto2”出戻り”も選択肢に?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
ドライバー アレックス マルケス
チーム Marc VDS Racing 発売中 , Drive M7 SIC Racing Team
執筆者 Valentin Khorounzhiy