F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days

「転倒リタイアは“教訓”」マルケス弟、良いレース続きで自信過剰だったと自省

シェア
コメント
「転倒リタイアは“教訓”」マルケス弟、良いレース続きで自信過剰だったと自省
執筆:
2019/09/03 5:46

第12戦イギリスGPの決勝レースで転倒リタイアに終わったアレックス・マルケス。彼はこのクラッシュが自信過剰だったことで起きたものだと考え、自省しているようだ。

 MotoGP第12戦イギリスGPのMoto2クラスで、ポイントリーダーのアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)は独走体制に入ろうかという矢先に転倒し、リタイアを喫するという悔しい結果に終わった。マルケスは後半戦に入ってから、チェコGPでは優勝、オーストリアGPでは2位と連続で表彰台を獲得していたが、3戦連続表彰台とはいかなかった。

 このレースではマルケスがチャンピオンシップ争いのライバルたちに一方的に詰め寄られる結果となってしまった。アウグスト・フェルナンデス(FLEXBOX HP 40)、トーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)、ホルヘ・ナヴァッロ(Campetella Speed Up)の3名が146ポイントで並び、マルケスに対し35点差とした。

「まず第一に、チームに謝りたい。全ては僕のミスで、ひとえに僕の頑固さのせいだ」

 マルケスはDAZNに対してそう語った。

「コーナー進入の時、できるだけタイムロスを少なくマシンを減速させたかった」

「何戦かとても良いレースをしていた……全てがうまくいくレースが続いていると、何もかもがバラ色で素晴らしい。さらなる自信が手に入るんだ」

「これは僕だけじゃなく、誰にとっても教訓になる。自信過剰にならずに、地に足をつけ続ける必要があるんだ。シーズンはとても長く、まだレースはたくさん残っている。いつでも失敗は起こり得るんだ」

 マルケスは来季からMotoGPに昇格するのではないか、という可能性が一時は語られていたが、最終的に現在のチームに残留し、もう1年間Moto2クラスで過ごすことになった。なお、チームメイトのジャビ・ビエルヘはMoto2のPetronas Sprinta teamへ移籍することが決定しており、来季のマルケスのチームメイトはサム・ロウズになると見られている。

次の記事
Moto2イギリス決勝|長島自己最高位タイの5位。フェルナンデス今季2勝目

前の記事

Moto2イギリス決勝|長島自己最高位タイの5位。フェルナンデス今季2勝目

次の記事

Moto3ランク首位のダラ・ポルタ、2020年のMoto2昇格が決定

Moto3ランク首位のダラ・ポルタ、2020年のMoto2昇格が決定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto2
イベント Silverstone
ドライバー アレックス マルケス
チーム Marc VDS Racing 発売中
執筆者 Jamie Klein