【Moto2カタール】金曜日:中上「総合4番手は好材料。予選に備える」

【IDEMITSU Honda Team Asia プレスリリース】中上貴晶は15番手ながらも、総合4番手。カイルール・イダム・パウィは30番手でだった。

2017年3月24日(金) Rd.01 カタールGP ロサイル・インターナショナル・サーキット
コンディション:ドライ 気温:23℃ 路面:22℃

 開幕戦カタールGPの2日目となった3月24日(金)、Moto2クラスのセッションは午後7時55分(日本時間25日午前1時55分)から、45分間のフリープラクティス3回目(FP3)を行いました。IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶とカイルール・イダム・パウィは、チームとともにそれぞれの取り組みを続け、決勝に向けた準備を進めています。

 中上は前日と異なるマシンフィーリングになったため、セッションを終えた際の今日のベストタイムは2分01秒225で今日の15番手にとどまりましたが、総合順位では4番手につけています。Moto2ルーキーのパウィも、走行を重ねるたびに中排気量クラスへの順応を高めています。今日の走行ではさらに自信を深めた走りで、2分02秒561を記録。この日のタイム順位では30番手、総合では27番手につけました。

 明日の土曜日は、午後6時55分(日本時間26日午前0時55分)から45分間の予選が行われます。

中上貴晶(15番手 / 2'01.225 / +0.876)
「今日もコンディションは理想的な状態ではありませんでしたが、昨日とフィーリングが違ってしまったため、ブレーキングから進入にかけて思い通りに攻めることができず、15番手にとどまってしまいました。総合の順位で4番手につけているのは好材料なので、皆でデータを確認して、原因をしっかり究明して、明日の予選に備えたいと思います」

カイルール・イダム・パウィ(30番手 / 2'02.561 / +2.212)
「今日はセッションが1回だけなので、マシンの状態をキープして、自分の乗り方で対応しながらラップタイムの改善に努めました。明日の予選に向けて、いろんなことの理解が進んできたと思います。今は一歩ずつ、確実に前進していくことが大切だと思っています」

岡田忠之 チーム監督
「両選手ともコメントの傾向は似ているので、彼らが気持ちよく走るためのポイントを究明しているところです。ときにはこのような違和感が発生することもあるので、明日に向けて気持ちを切り替えて臨んでほしいと思います。明日の予選では、中上はトップタイムを狙って走ってくれるでしょう。パウィも調子は悪くないので、少しでも上のポジションを目指して、明日はがんばってほしいです」

【IDEMITSU Honda Team Asia】

【関連ニュース】

【Moto2カタール】FP3:モルビデリがトップタイム。中上貴晶15番手

【鈴鹿8耐】中上貴晶の参戦が決定「最高の形で鈴鹿に乗り込みたい」

【MotoGPカタール】FP3:イアンノーネを退けビニャーレスがトップ

【MotoGP】スズキのイアンノーネ、速く走るためビニャーレスを”真似”

【MotoGP】好調テック3のルーキーふたり。開幕戦に向けて準備万端

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2 , MotoGP
イベント名 Losail
サーキット ロサイル・インターナショナル・サーキット
記事タイプ フリー走行レポート