Moto2マレーシア予選:王者狙うモルビデリが今季6度目PP。中上9番手

MotoGP第17戦マレーシアGP、Moto2クラスの予選はフランコ・モルビデリ(EG 0,0 Marc VDS)が今季6度目のポール獲得となった。

 MotoGP第17戦マレーシアGP、Moto2クラスの予選はこのレースでのチャンピオン獲得を狙うフランコ・モルビデリ(EG 0,0 Marc VDS)がポールポジションを獲得した。

 気温35度、路面温度は50度近いという灼熱のコンディションで40分のセッションがスタートすると、モルビデリがいきなりの好タイムをマーク。2分6秒406という、今週末の一番時計をセッション開始から6分あまりで記録した。ただ、前戦ウイナーのミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)も0.026秒差の2番手につけた。

 ランキング2位のトーマス・ルティ(CarXpert Interwetten)は4番手、中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は7番手という走り出しとなった。

 モルビデリのトップタイムを脅かすライダーがいないままセッションは進行。残り7分を切り、自身のトップタイムをさらに更新しようとペースを上げていたモルビデリだったが、ターン7で転倒を喫してしまった。ただそれほどダメージは大きくなく、そのまま予選終了まで走行を続けた。

 さらに、ルティも残り4分の時点でターン2でハイサイドを起こし転倒してしまった。激しく路面に叩きつけられたルティは、担架でコース外へ。幸い意識ははっきりしていたようだが、左脚をかばうような仕草を見せ、メディカルセンターに搬送された。

 結局、モルビデリが序盤に記録したタイムで今季6度目のポールポジションを獲得。オリベイラが2番手、アレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)が3番手でフロントロウを獲得した。

 ルティは最終的に5番手。中上も大きくタイムを更新することはできず9番手だった。長島哲太(Teluru SAG Team)は22番手でセッションを終えた。

 →【リザルト】第17戦マレーシアGP:Moto2クラス予選結果

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2 , MotoGP
イベント名 Sepang
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ 速報ニュース