Moto2スティリア予選:小椋藍、一歩及ばず2番手も初のフロントロウ! ガードナーがPP獲得

MotoGP第10戦スティリアGPのMoto2クラス予選が行なわれ、小椋藍が2番グリッドを獲得。ポールポジションを獲得したのはレミー・ガードナーだった。

Moto2スティリア予選:小椋藍、一歩及ばず2番手も初のフロントロウ! ガードナーがPP獲得

 レッドブルブリンクで行なわれているMotoGP第10戦スティリアGPのMoto2クラス予選が行なわれ、レミー・ガードナー(Red Bull KTM Ajo)が今季3度目のポールポジションを獲得した。

 スティリアGPの土曜の天候は曇り、気温25℃、路面温度31℃のコンディションで予選が実施された。

 Moto2クラスに参戦する唯一の日本人ライダー小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)は、決勝レースの上位スターティンググリッドを決めるQ2からの出場となった。

 そのQ2には、直前に行なわれたQ1でトップ4に入ったファビオ・ディ・ギャナントニオ(Federal Oil Gresini Moto2)、ヘクター・ガルゾ(Flexbox HP40)、アルベルト・アレナス(Aspar Team)、ステファノ・マンツィ(Flexbox HP40)もコマを進めた。

 小椋はQ2セッション前半から上位につけると、後半に入り各コーナーで最速タイムをマークする。そして残り2分になったところでトップタイムを更新。このまま自身初のポールポジション獲得かと思われた。

 しかし、ラストラップではガードナー、マルコ・ベッゼッキ(SKY Racing Team VR46)、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)らもセクターベストタイムを記録するなど、熾烈なポールポジション争いが繰り広げられた。

 そんな中、1分28秒668を出したガードナーがポールポジションを獲得。小椋はなんとか2番手を死守した。また残るフロントロウ3番手には、Q1から上がってきたアレナスがつけた。

 また来季KTM・テック3から最高峰MotoGPクラスへの昇格が発表されたばかりであるフェルナンデスは、4番手で予選を終えている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Australia レミー ガードナー 9 1'28.668     175.639
2 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 10 1'28.789 0.121 0.121 175.400
3 Italy マルコ ベッツェッキ 10 1'28.811 0.143 0.022 175.356
4 Spain ラウル フェルナンデス 9 1'28.978 0.310 0.167 175.027
5 Spain アロン カネット 8 1'29.004 0.336 0.026 174.976
6 Spain アウグスト フェルナンデス 10 1'29.005 0.337 0.001 174.974
7 United Kingdom サム ロウズ 10 1'29.138 0.470 0.133 174.713
8 Italy ロレンソ ダラ・ポルタ 10 1'29.220 0.552 0.082 174.552
9 Thailand ソムキャット チャントラ 10 1'29.223 0.555 0.003 174.546
10 Germany マルセル シュロッター 9 1'29.238 0.570 0.015 174.517

シェア
コメント
Moto2スティリア初日:総合トップはVR46のベッツェッキ。小椋藍も総合8番手をキープ

前の記事

Moto2スティリア初日:総合トップはVR46のベッツェッキ。小椋藍も総合8番手をキープ

次の記事

Moto2スティリア決勝:小椋藍、表彰台争うも痛恨ロングラップペナルティで5位に。優勝はVR46ベッツェッキ

Moto2スティリア決勝:小椋藍、表彰台争うも痛恨ロングラップペナルティで5位に。優勝はVR46ベッツェッキ
コメントを読み込む