【Moto2】オーストリア予選:パッシーニ連続PP。中上13番手で決勝へ

第11戦オーストリアのMoto2クラスの予選が行われ、マッティア・パッシーニ(Italtrans Racing Team)が2戦連続でポールポジションを獲得した。

 MotoGP第11戦オーストリアGPのMoto2クラス予選が行われ、マッティア・パッシーニ(Italtrans Racing Team)がセッション序盤に記録したタイムでポールポジションを獲得。前戦チェコに続く予選トップとなった。

 45分のセッションがスタートすると、レミー・ガードナー、シャビ・ビエルへのTech 3 Racing勢がターン1で相次いで転倒するという予選の幕開けとなった。

 セッションを20分を経過し、パッシーニが自身4周目に記録した1分29秒394というタイムでトップ。中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は1分30秒431で13番手となった。

 フランチェスコ・バニャイヤ(Sky Racing Team VR46)がタイムを伸ばし、2番手に浮上するものの、パッシーニのタイムに0.187秒届かなかった。

 残り時間が5分を切り、マルクVDSのフランコ・モルビデリがタイムを更新し、2番手にポジションアップ。チームメイトのアレックス・マルケスもコース前半はパッシーニのペースを上回るものの、4番手だった。

 マルクVDSの2台はランデブー状態で最後のアタックへ。それぞれがタイムを更新したが、マルケスは3番手、モルビデリはパッシーニにわずか0.001秒届かず。パッシーニがセッションの序盤に出したタイムがトップから陥落することはなく、2戦連続でポールポジション獲得となった。

 バニャイヤは4番手、ランキング2位のトーマス・ルティ(CarXpert Interwetten)は5番グリッドから決勝に臨む。中上は最後にタイムを上げ、1分29秒台を記録し9番手となっていたものの、トラックリミット違反があったか、タイムが抹消され13番手となった。

 長島哲太(SAG Racing Team)は21番手で予選を終えた。

 →【リザルト】MotoGP第11戦オーストリアGP:Moto2クラス予選

【関連ニュース】

MotoGPオーストリアGP予選:PPマルケス、2-3番手はドゥカティ勢

Moto3オーストリア予選:ロドリゴが連続でポールポジション獲得

クラッチロー「アプリリアがロウズを切ったのは"醜態"」

ロレンソ「ドヴィツィオーゾほどブレーキに自信がない」

ロッシ「今季もオーストリアで強力なのはドゥカティ勢」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2 , MotoGP
イベント名 Spielberg
サーキット レッドブルリンク
記事タイプ 速報ニュース