【Moto2】チェコ予選:パッシーニが自身初のPP。中上振るわず15位

Moto2チェコラウンドの予選が行われ、パッシーニがMoto2クラスで自身初のポールポジションを獲得した。

 MotoGPチェコGPのMoto2クラス予選が行われ、マティア・パッシーニ(Italtrans Racing Team)がポールポジションを獲得した。

 Moto2の予選は、セッション序盤から転倒が相次いだ。シモーネ・コルシ(Speed Up Racing)、ドミニク・エガーター(Kiefer Racing)、長島哲太(Teluru SAG Team)らが、次々にクラッシュを喫した。

 そんな中、序盤にトップタイムを記録したのはパッシーニで、2分2秒611。2番手にはフランコ・モルビデリ(EG 0,0 Marc VDS)、3番手にはホルヘ・ナバッロ(Federal Oil Gresini Moto2)と続いた。中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は1回目のアタックで12番手につけた。

 2度目のアタックでは大きな順位変動はなかったものの、残り10分というところから各車最後のアタックへとコースイン。そして残り5分を切ると、徐々に各車がタイムアップを果たしていく。

 ミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)がモルビデリを上回って2番手に浮上。フランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)も4番手に上がった。

 しかし、パッシーニのタイムを上回るライダーは現れず。セッション序盤に出したタイムで、パッシーニが自身初のポールポジションを獲得した。2番手にモルビデリ、3番手にモルビデリ、4番手にバニャイヤという順位となった。

 ただ、パッシーニのタイムを上回る者が出なかったとはいえ、4番手バニャイヤまでの差は0.075秒と実に僅差だった。中上は結局思ったようにタイムを伸ばすことができずに15番手で予選を終えた。長島は23番手だった。

→Moto2チェコラウンド予選結果

【関連ニュース】

【鈴鹿8耐】中上、2度の不運で表彰台ならず「悔しいし、申し訳ない」

MotoGPコラム:前半戦を戦い抜いた5人の日本人。後半戦の課題とは

Moto2ドイツ決勝:モルビデリ貫禄の6勝目。中上13台抜き10位

ヤマハ鈴鹿8耐3連覇。中須賀「気持ちを落ち着かせ」繋いだ8時間

ミラー、プラマック移籍が決定との情報。中上もMotoGP昇格か?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2
イベント名 Brno
サーキット Brno Circuit
記事タイプ 速報ニュース