【Moto2】不運な転倒に見舞われた中上貴晶「むなしさに言葉がない」

中上貴晶は、上位を狙える位置につけていたものの、他車の転倒に巻き込まれ転倒。21位でへレスでのスペインGPを終えた。【IDEMITSU Honda Team Asia】

2017年5月7日(日) Rd.04 スペインGP ヘレス・サーキット
コンディション:ドライ 気温:27℃ 路面:40℃

  全25周で争われた第4戦スペインGPで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は上位フィニッシュを期待されていましたが、レース序盤で他車の転倒に巻き込まれてクラッシュ。再スタート後に21位でゴールを果たしました。また、チームメートのカイルール・イダム・パウィは上位グループで激しいバトルを繰り広げている最中に転倒し、リタイアとなりました。 

 8番グリッドからのスタートとなった中上は、勝負を仕掛けるタイミングを見計らっていた矢先の3周目に、6コーナーで他車に追突されて転倒。マシンを引き起こしてコースへ復帰し、完走はしましたが、不運な出来事ゆえに納得のいかないレースとなりました。

 パウィは、16番手スタートから着実に順位を上げ、経験豊かな選手たちを相手に一時は9番手につける快走を披露していましたが、14周目の最終コーナーでフロントを切れ込ませて転倒。悔しいリタイアになってしまいました。

 第5戦フランスGPは、ロワール地方のル・マン・サーキットで5月19日(金)に走行を開始。Moto2クラスのFP1は、現地時間午前10時55分(日本時間午後5時55分)にスタートします。

中上貴晶 (21位 / 44'07.632 / +43.282)
「今朝のウォームアップでマシンのフィーリングが向上し、決勝レースでも表彰台圏内を見据えていただけに、全く予想外の転倒をしてしまったむなしさに言葉がありません。再スタート後は、少しでも多くのデータを得るために最後まで走りきることを目指しました。シーズンはまだ長いので、気持ちを切り替えて、次のルマンには最高の結果を目指して臨みます」

カイルール・イダム・パウィ (DNF)
「今日は転倒リタイアの結果に終わってしまいましたが、手応えが得られ、自信につながるレースでした。路面温度が高くて序盤からタイヤが厳しく、何度も転倒しそうになるのをこらえながらバトルを続けましたが、最終的にフロントが切れ込んでしまいました。チームが支えてくれたおかげでいい走りができました。次戦は、このパフォーマンスを結果につなげられるようにがんばります」

岡田忠之 チーム監督
「今日の中上の転倒は、他車からの追突によるもので、彼の過失では全くないだけに本当に残念です。レースウイークのセッションに関しては、今回はいいマシンフィーリングを得られるまでに時間がかかってしまったので、次戦ではFP1から、中上本来のパフォーマンスを発揮できるように取り組みたいと思います。パウィの転倒は、彼自身もチームも悔しがっていましたが、とてもいい走りをしてくれていたと思います。今日の経験はパウィにとって、きっと今後の自信につながるでしょう」

【IDEMITSU Honda Team Asia プレスリリース】

【関連ニュース】

【Moto2】へレス決勝:”弟”マルケスMoto2初優勝。中上不運の転倒

【Moto2】へレス予選:中上貴晶8番手。アレックス・マルケス初PP

【Moto3】鳥羽海渡「楽しくバトルができた。次戦は良いポジションを」

【MotoGP】スペインGP決勝:ペドロサ優勝ホンダ1-2。ヤマハ苦戦

【Moto3】へレス決勝:鈴木竜生転倒リタイア。カネットが初優勝

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2
イベント名 Jerez
サーキット サーキット・デ・ヘレス
記事タイプ レースレポート