【Moto2】中上貴晶今季2度目の表彰台「モルビデリの独走を止めたい」

サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われたアメリカズGPのMoto3クラス決勝で、中上貴晶は今季2度目の3位フィニッシュを果たした。

 MotoGPアメリカズGP、Moto2クラス決勝で、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は3位入賞。開幕戦に続き、今季2度目の表彰台フィニッシュを果たした。

 中上は4番グリッドからのスタート。この日の午前に行われたウォームアップではトップタイムを記録しており、自信を深めて決勝に臨んだという。

 4番手のポジションをキープし、レースをスタートさせた中上は、13周目に3番手に浮上。そのままチェッカーを受けた。

「好きな会場でありながらずっと結果を残せないでいたサーキット・オブ・ジ・アメリカズで3位表彰台を獲得できたことは、素直にうれしいです。序盤から冷静に走り続け、しっかりと状況判断をしながら最後まで安定したペースを維持できたので、満足のいくレース内容でした」

 中上は3戦目にもかかわらず早くも今季2度目の表彰台。しかし、2戦目のアルゼンチンGPでの無得点が響き、ランキングは4位(32ポイント)である。中でも特に、フランコ・モルビデリ(EG 0,0 Marc VDS)は3連勝中であり、ランキングトップ(75ポイント)をひた走っている。中上はこれから始まる欧州ラウンドで、”ストップ・ザ・モルビデリ”を誓う。

「次からヨーロッパラウンドが始まるので、この調子で引き続き気を引き締めて臨み、モルビデリ選手の独走状態をなんとしてでも止めたいと思います」

 チームの岡田忠之監督も、勝利を目指して戦うと宣言する。

「中上は、3番手に浮上した跡もトップと遜色ないペースで走行し、今年2度目の表彰台を獲得してくれました。しかし、まだ優勝には至っていないので、勝つためにはなにが必要かをしっかりと考えて、次戦のレースに備えたいと思います」

 なお中上のチームメイトであるカイルール・イダム・パウイは、28番手グリッドからスタートし、25位でフィニッシュを果たした。

「フロントの課題は大分良くなったのですが、リヤがスライドする問題を相変わらず抱えていたので、安定したペースで走るのが難しく、厳しいレースになりました。次戦のヘレスではプレシーズンテストで良い走りができたので、レースウィークでは問題を解決できるように頑張ります」

 パウイはレース後にそうコメントを残している。

【コメントはIDEMITSU Honda Team Asiaのプレスリリースより抜粋】

 

【関連ニュース】

【Moto2】アメリカ決勝:中上貴晶3位。モルビデリ圧巻の開幕3連勝

【Moto2】予選4番手の中上貴晶「思いきり勝負をして表彰台を狙う」

【Moto2】転倒の中上「チームやレミー・ガードナーに申し訳ない」/アルゼンチンGP

【Moto2】長島哲太「自分はここにいる!」と主張する1年が開幕

【鈴鹿8耐】中上貴晶の参戦が決定「最高の形で鈴鹿に乗り込みたい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2
イベント名 Austin
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー 中上 貴晶
チーム Honda Team Asia
記事タイプ 速報ニュース