F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
14 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
7 days

Moto2アラゴン決勝:ビンダーが今季2勝目。マルケス3位でランク首位維持

シェア
コメント
Moto2アラゴン決勝:ビンダーが今季2勝目。マルケス3位でランク首位維持
執筆:
2019/09/22 14:46

MotoGP第14戦アラゴンGPのMoto2クラス決勝が行われ、ブラッド・ビンダーが今季2勝目を挙げた。

 MotoGP第14戦アラゴンGPのMoto2クラス決勝がアラゴン・モーターランドで行われた。勝者はRed Bull KTM Ajoのブラッド・ビンダーとなった。

 F1シンガポールGPのスタート時刻との兼ね合いでMotoGPクラスの後の開催となったMoto2クラス。そのグリッドはポールポジションにアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)、2番手にポイントランキングでマルケスを追うアウグスト・フェルナンデス(FLEXBOX HP 40)、3番手はブラッド・ビンダーという並びだ。長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team )は17番グリッドから決勝レースに挑む。

 気温26℃、路面温度34℃のコンディションで、21周の決勝レーススタート時刻となった。

 3番グリッドのビンダーが抜群のスタートを決め、ホールショットを奪取。ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)も2番手に浮上し、ポールスタートのマルケスは3番手にポジションを下げた。

 1周目はまさかの展開。ターン9でいきなりフェルナンデスが転倒を喫してしまった。フェルナンデスはなんとかマシンを再始動したが、大きく離されてしまうこととなった。

 先頭を行くビンダーはオープニングラップから飛ばし、ギャップを0.7秒まで一気に引き離した。

 オープニングラップを終えてのオーダーはビンダー、マリーニ、マルケス、トーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)。ここまでの4名が先頭集団として若干抜け出した。

 1周目から独走していくかと思われたビンダー。しかし3周目にはマリーニ以下の2番手集団に接近を許してしまい、ホルヘ・ナヴァッロ(HDR Heidrun Speed Up)も先頭集団に追いつき、全5台のパックとなった。

 集団は接近するものの、なかなかチャージを掛けるライダーは現れず、クルージング状態で周回を消化。だが5周目、マルケスがマリーニに仕掛け、2番手に浮上。ビンダーを追う展開となった。

 しかしマリーニはマルケスに負けじとチャージを仕掛け、ターン8,ターン10と連続で並びかけてくる。マルケスはそれをなんとかいなすも、先頭のビンダーとのギャップが広がってしまった。

 2番手のマルケスはなかなかマリーニを振り切ることができない上に、8周目のターン1では再び反撃を仕掛けられてしまう。ここでマリーニは2番手にポジションを戻した。ただそうこうしている内に先頭のビンダーとの差は1秒以上となった。

 マリーニ、マルケス、ナヴァッロの2番手集団は完全にテールトゥノーズの状態であり、マルケスはマリーニを抜くどころかナヴァッロにもチャージをかけられてしまう事態だ。

 レース半分を消化した11周目、ナヴァッロがオーバーランを喫してしまい、後退することとなった。

 残り10周、マルケスはターン1でインに入って前を伺うが、マリーニはクロスラインでやり返そうとする。だがマルケスはこれを抑えきり、なんとか2番手に浮上した。だが先頭のビンダーとの差は既に2秒以上となっており、独走体制を築かれてしまっている。

 残り9周、再び追い上げてきたナヴァッロが、ターン12でマリーニをかわして3番手に浮上。表彰台圏内に返り咲いた。

 マルケスはビンダーとの差を詰めたものの、それほど近付くことはできない。だがその後も徐々にマルケスが良いペースを刻んだこともあり、残り5周で1.3秒という差まで縮まった。

 ビンダーは逃げたいところだが、マルケスはさらにギャップを削り取って接近する。

 差を縮めて行くマルケスだが、それに食らいついていたナヴァッロが残り3周で動いた。ナヴァッロはターン1でテールトゥノーズ状態から抜け出すと、ついにマルケスの前に出たのだ。ビンダーとの差を1秒にまで減らし、前を追っていたマルケスにとっては手痛いロスになってしまった。

 3番手に後退したマルケスは、ナヴァッロについて行くことができず、逆にギャップを広げられてしまう。そのナヴァッロは一気にビンダーとの差を1秒以下にまで詰め、0.5秒の差でラストラップに突入した。

 ナヴァッロは最後までビンダーを追うが、0.5秒のギャップを縮めることはできず……結局ビンダーが今季2勝目を飾り、ナヴァッロは2位表彰台となった。

 3位はマルケス。最後は先頭2台についていくことができず、3位に留まったが、ポイントランキングでは2番手のナヴァッロに対し38ポイント差を確保している。

 長島は残念ながらレース序盤に転倒を喫してしまい、リタイアに終わった。

【リザルト】MotoGP第14戦アラゴンGP Moto2クラス決勝

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 South Africa ブラッド ビンダー 21 39'45.177     25
2 Spain ホルヘ ナヴァッロ 21 39'45.964 0.787 0.787 20
3 Spain アレックス マルケス 21 39'48.053 2.876 2.089 16
4 Italy ルカ マリーニ 21 39'50.564 5.387 2.511 13
5 United Kingdom サム ロウズ 21 39'50.778 5.601 0.214 11
6 Switzerland トーマス ルティ 21 39'54.872 9.695 4.094 10
次の記事
Moto2アラゴン予選:マルケス、レコード更新のポールポジション。長島17番手

前の記事

Moto2アラゴン予選:マルケス、レコード更新のポールポジション。長島17番手

次の記事

Moto2タイ予選:長島哲太、好調の2番手フロントロウ。マルケスがポール獲得

Moto2タイ予選:長島哲太、好調の2番手フロントロウ。マルケスがポール獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
執筆者 永安陽介