Moto2フランス決勝:ロウズが難コンディション乗り切って今季初優勝。長島下位に沈む

MotoGP第10戦フランスGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、サム・ロウズが今季初優勝を果たした。

Moto2フランス決勝:ロウズが難コンディション乗り切って今季初優勝。長島下位に沈む

 MotoGP第10戦フランスGPのMoto2クラス決勝がル・マン・ブガッティ・サーキットで行なわれた。優勝はサム・ロウズ(EG 0,0 Marc VDS)だった。

 直前に行われたMotoGPクラス決勝はスタート直前に降雨がありウエットレースとなったが、Moto2クラス決勝の時間になると既に雨は上がり、日差しも見られる状態となった。

 しかしレコードラインは乾きつつあるものの、それ以外は依然としてウエット路面となっており、最終的にウエットレースが宣言されて決勝開始時刻を迎えた。ただ各ライダーはグリッドでスリックタイヤへの変更を行なっていた。

 なおポールポジションのジョー・ロバーツ(Tennor American Racing)はタイヤ交換の時間が足りず、最後尾からのスタートとなった。

 25周のレースが開始されると、レミー・ガードナー(Onexox TKKR SAG Team)が上手く抜け出して一気にリード。ジャビ・ビエルへ(Petronas Sprinta Racing)、ホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)、ロウズらが続いて2番手集団を形成した。

 先頭を行くガードナーだが、リードを維持することができず、2周目にはロウズが先頭に浮上。またラインを外してしまったマルティンが一気にポジションを6番手にまで落とすなど、難しいコンディションに翻弄された。

 そのマルティンは3周目のターン10でウエット部分に触ってしまったようで、ハイサイド気味に転倒。リタイアとなった。

 先頭ではロウズ、ジェイク・ディクソン(Petronas Sprinta Racing)の2名が集団から抜け出してリードを広げた。そこから2秒ほど離れてガードナーが追う展開だ。

 5周目、2番手集団で走行していたビエルへがターン10で転倒。これも路面コンディションの影響だ。

 6周目には先頭のロウズがタイヤをロックさせてしまい、コースオフ。ディクソンがトップへと浮上した。

 トップのディクソンとロウズの差は約2秒ほどで、そのさらに4秒後方にマルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)が続いた。ただ3番手のベッツェッキはガードナー、アウグスト・フェルナンデス(EG 0,0 Marc VDS)らに追いつかれつつあった。

 2番手のロウズは10周が経過した頃から先頭との差を縮め始め、残り10周の時点でギャップは1秒ほどとなった。

 ディクソンはそれ以上のロウズの接近を許さないままラップを消化していったが、残り4周というタイミングでなんと転倒を喫してしまった。これで先頭にはロウズが浮上した。

 ロウズは後続に対して既に5秒以上のギャップを築いており、争点はベッツェッキ、ガードナーによる2番手争いへと移った。

 最終ラップ、ロウズは余裕のギャップを維持してトップでチェッカー。今季初優勝を果たした。

 ガードナーは狙いすました一撃を最終ラップの最終コーナーで仕掛け、ベッツェッキをオーバーテイク。そのままチェッカーを受け2位を獲得した。3位はベッツェッキだ。

 日本の長島哲太(Red Bull KTM Ajo)は苦戦し、最終的に21位。ポイント獲得はならなかった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 United Kingdom サム ロウズ 25         25
2 Australia レミー ガードナー 25 3.822       20
3 Italy マルコ ベッツェッキ 25 4.184       16
4 Spain アウグスト フェルナンデス 25 5.884       13
5 Switzerland トーマス ルティ 25 21.668       11
6 United States Joe Roberts 25 29.197       10
7 Italy ファビオ ギャナントニオ 25 32.249       9
8 Italy ロレンソ バルダッサーリ 25 34.376       8
9 Thailand ソムキャット チャントラ 25 35.392       7
10 Germany マルセル シュロッター 25 35.521       6

シェア
コメント
Moto2フランス予選:ロバーツ、今季3度目ポールで決勝へ。長島哲太はQ1敗退

前の記事

Moto2フランス予選:ロバーツ、今季3度目ポールで決勝へ。長島哲太はQ1敗退

次の記事

Moto2アラゴン予選:サム・ロウズ、レコード更新の爆速タイムでポール獲得!

Moto2アラゴン予選:サム・ロウズ、レコード更新の爆速タイムでポール獲得!
コメントを読み込む