F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
03 時間
:
19
:
54
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
29 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
16 days

Moto2カタール決勝:長島哲太、”親友”富沢祥也が勝った地で悲願の初優勝

シェア
コメント
Moto2カタール決勝:長島哲太、”親友”富沢祥也が勝った地で悲願の初優勝
執筆:
2020/03/08 16:13

ロサイル・インターナショナル・サーキットでMotoGP第1戦カタールGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれ、Red Bull KTM Ajoの長島哲太がキャリア初優勝を挙げた。

 MotoGP第1戦カタールGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれ、Red Bull KTM Ajoの長島哲太がキャリア初優勝を果たした。

 MotoGPクラスのレースが中止となったことで、Moto2クラスはナイトレースへとスケジュールが変更。暗闇の中、1000本のライトが照らすコースで戦いが展開されることとなった。

 日本から唯一Moto2に参戦する長島は、今季からRed Bull KTM Ajoへ移籍。新たな環境での初戦は予選14番手からのスタートだ。

 気温22度、路面温度26度というコンディションで20周のレーススタート時刻を迎えた。

 スタートは2番グリッドのルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が飛び出してホールショットを奪って進む。エネア・バステアニーニ(Italtrans Racing Team)、ホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)と続き、ポールポジションのジョー・ロバーツ(American Racing)は4番手で先頭を追った。

 オープニングラップを終えての先頭はマリーニ。後続にバステアニーニとロバーツ、マルティンと並んだ。長島は2周目に11番手と徐々にポジションを上げつつあった。

 先頭は変わらずマリーニが引っ張って周回を消化。彼は徐々に後続を引き離しつつあり、先頭集団は縦に長く広がる様子を見せた。

 マリーニへ食らいついているのはロバーツ。この2台が3番手以下との差を広げており、ロバーツはファステストラップを更新しながらマリーニへ襲いかかる。その中で長島は8番手にポジションを上げ、2番手集団の最後尾につけた。

 7周目のターン1でロバーツはマリーニのオーバーテイクを試みるが、止まりきれずにラインがワイドになり不発に終わる。その後トップ2が大きな動き無く周回する中、長島は7番手にポジションを上げた。

 レースは残り10周、マリーニは好ペースを刻み続けて2番手のロバーツに対して一気に1秒近いギャップを築いた。それを追う後続集団の中では長島がチームメイトのマルティンも交わして5番手に浮上し、更に前のバステアニーニへと差を詰めようとチャージをかけていった。

 残り8周、長島はターン15でバステアニーニへ仕掛けてそのままパス。4番手を奪い取った。3番手のロレンソ・バルダッサーリ(Flexbox HP 40)と4番手の長島は一気に2番手のロバーツに追いつき集団を形成。表彰台争いが再び白熱してきた。

 長島は残り6周でバルダッサーリに仕掛けようとするが、抜き切る事ができず逆にポジションを5番手に落としてしまう。

 先頭ではロバーツがマリーニに追いつき、最終コーナーでパス。ロバーツがトップに入れ替わった。

 だが先頭争いは激しく、ロバーツをバルダッサーリとバステアニーニが激しく突く。結局バルダッサーリが先頭を奪い、バステアニーニがそれを追う形となった。長島は残り4周でついにロバーツを料理し、3番手に浮上。これで表彰台圏内に入った。

 長島はメインストレートに戻ってくるとターン1からターン2で一気に先頭を奪取。追うバルダッサーリに反撃を許さず、そのまま突き放しにかかった。

 先頭に立った長島は、その後の1周で後続に対して一気に1秒近いギャップを作り出し、独走体制で残り2周に突入した。

 そしてラストラップ、長島は2番手に1秒以上の大きな差をキープ。危なげなくラストラップをまとめると、そのままトップチェッカー。13台をごぼう抜きして、キャリア5年目にしてついに初優勝を挙げた。

 長島は喜びを噛み締めるようにウイニングラン。マシンをパルクフェルメに持ち帰えると、スタッフと喜びを分かち合い、表彰台では君が代が響き渡った。

 2位はバルダッサーリ。終盤に長島を追撃することはできなかった。3位にはバステアニーニが入った。

 レースの大半を引っ張ったマリーニは最終ラップで接触が有り転倒。残念ながらフィニッシュできずリタイアとなった。

 日本のシャシービルダーNTSのマシンを駆るボー・ベンスナイダーは、最終的には11位でポイントを持ち帰った。

Read Also:

 

【リザルト】MotoGP第1戦カタールGP Moto2クラス決勝

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Japan 長島 哲太 20         25
2 Italy ロレンソ バルダッサーリ 20 1.347       20
3 Italy エネア バスティアニーニ 20 1.428       16
4 United States Joe Roberts 20 1.559       13
5 Australia レミー ガードナー 20 1.901       11
6 Spain ホルヘ ナヴァッロ 20 2.381       10
7 Germany マルセル シュロッター 20 4.490       9
8 Spain アロン カネット 20 4.703       8
9 Spain シャビ ビエルへ 20 7.118       7
10 Switzerland トーマス ルティ 20 8.904       6

次の記事
MotoGPコラム:日本勢がグランプリの主役に? 7人の“若武者”が開幕戦で見せる走りとは

前の記事

MotoGPコラム:日本勢がグランプリの主役に? 7人の“若武者”が開幕戦で見せる走りとは

次の記事

MotoGPコラム:長島哲太Moto2初優勝。ラスト数周、脳裏をよぎった富沢祥也の姿

MotoGPコラム:長島哲太Moto2初優勝。ラスト数周、脳裏をよぎった富沢祥也の姿
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
イベント Losail
ドライバー 長島 哲太
執筆者 永安陽介