Moto2アラゴン決勝:フェルナンデス、手負いの状態でも独走優勝。小椋藍は8位フィニッシュ

MotoGP第13戦アラゴンGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれた。優勝はRed Bull KTM Ajoのラウル・フェルナンデスとなった。

Moto2アラゴン決勝:フェルナンデス、手負いの状態でも独走優勝。小椋藍は8位フィニッシュ

 モーターランド・アラゴンで開催されたMotoGP第13戦アラゴンGPのMoto2クラス決勝は、Red Bull KTM Ajoのラウル・フェルナンデスだった。

 日本からは小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)が参戦するMoto2クラス。今回はサム・ロウズ(Elf Marc VDS Racing Team)がポールポジションを獲得し、小椋は5番グリッドに並んだ。

 全21周の決勝レースがスタートすると、PPのロウズが順当にホールショットを奪って先行。ラウル・フェルナンデスと彼のチームメイトのレミー・ガードナー、そして小椋がそれに続く形となった。

 先頭を行くロウズはオープニングラップからプッシュし、ハイペースで走行。2番手のラウル・フェルナンデスにはコンマ3秒ほどの差を築いた。

 そして3周が経過する頃にはトップ集団も固まりつつあり、ロウズを筆頭に1秒以内の5番手までがリーディンググループを形成した。

 4周目にはフェルナンデスがロウズをオーバーテイク。また小椋もガードナーをパスして3番手に浮上した。

 3番手をガードナー、エクトル・ガルソ(Flexbox HP40)、小椋が争う展開となり、その間に先頭のロウズとラウル・フェルナンデスは逃げていく形となる。5周消化時点では、上位2台と後方との差は2秒近くとなった。

 トップに立ったラウル・フェルナンデスは、2番手のロウズに対する差も徐々に拡大。レース3分の1となる7周を終えて1秒以上の差となった。

 ロウズはその後も1秒ほどの差でラウル・フェルナンデスを追いかけていたが、残り9周となったターン7で転倒し、リタイアとなった。これでフェルナンデスは完全に独走体制だ。

 ラウル・フェルナンデスとガードナーのトップ2台は互いにひとりで淡々と走行する状況。バトルは3番手以下に絞られていった。

 3番手争いはアウグスト・フェルナンデス(Elf Marc VDS Racing Team)、ホルヘ・ナヴァッロによる争いが続いており、度々ポジションを入れ替える白熱したバトルが展開された。

 トップ2台はその後も危なげない走りを続け、ポジションに変化のないままフィニッシュを迎えた。

 ラウル・フェルナンデスは今シーズン5勝目。彼は9月初旬に右手小指を骨折したばかりだったが、決勝ではそれを感じさせない走りだった。

 2位はランキング首位を走るガードナー。今回のレースの結果、ランキング2番手のラウル・フェルナンデスとの差は39ポイントとなった。

 3番手争いは最後まで続いたが、アウグスト・フェルナンデスがナヴァッロを振り切ってチェッカーを受け、今シーズン4度目の表彰台となった。

 小椋は序盤こそ表彰台争いにも加わったが、徐々にポジションを下げ最終的に8位でのフィニッシュとなった。

 なおアラゴンGPの結果を受け、Moto2クラスではRed Bull KTM Ajoのチームタイトル獲得が確定した。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain ラウル フェルナンデス 21 -       25
2 Australia レミー ガードナー 21 5.408 5.408 5.408   20
3 Spain アウグスト フェルナンデス 21 6.824 6.824 1.416   16
4 Spain ホルヘ ナヴァッロ 21 7.051 7.051 0.227   13
5 Spain アロン カネット 21 10.695 10.695 3.644   11
6 Italy ファビオ ギャナントニオ 21 15.160 15.160 4.465   10
7 Fermín Aldeguer 21 16.730 16.730 1.570   9
8 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 21 17.085 17.085 0.355   8
9 Italy トニー アルボリーノ 21 17.704 17.704 0.619   7
10 Italy シモーネ コルシ 21 20.121 20.121 2.417   6

シェア
コメント
Moto2アラゴン予選:好調ロウズ、今季5度目PP。小椋藍は5番手セカンドロウに並ぶ

前の記事

Moto2アラゴン予選:好調ロウズ、今季5度目PP。小椋藍は5番手セカンドロウに並ぶ

次の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:アラゴンで見えた経験不足。「結果はダメだったが、理解できたことは他より多かった」

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:アラゴンで見えた経験不足。「結果はダメだったが、理解できたことは他より多かった」
コメントを読み込む