Moto2アルガルヴェ決勝:ガードナー優勝でタイトル獲得に向け優位築く。小椋藍は序盤転倒でレース終える

MotoGP第17戦アルガルヴェGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、レミー・ガードナーが優勝を果たした。

Moto2アルガルヴェ決勝:ガードナー優勝でタイトル獲得に向け優位築く。小椋藍は序盤転倒でレース終える

 ポルトガルでMotoGP第17戦アルガルヴェGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はポイントリーダーのレミー・ガードナーだった。

 RedBull KTM Ajoのレミー・ガードナーとラウル・フェルナンデスが、チームメイト同士によるタイトル争いを繰り広げているMoto2クラス。首位ガードナーのリードは18ポイントだ。

 ポールポジションを獲得したのは、そのガードナー。そして2番手にはフェルナンデスがつけた。日本人ライダーの小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)は8番グリッド、代役参戦の長島哲太(Italtrans Racing Team)は25番グリッドからのスタートだ。

 決勝レースは気温21℃、路面温度29℃のコンディションで開始時刻を迎え、全23周のレースがスタートした。

 スタートで良い加速を見せたフェルナンデスが、ホールショットを奪って先行。ソフトタイヤを履いたフェルナンデスは1周目から非常にペースが良く、2番手のガードナー以下を引き離しにかかった。

 1周目からトップ3が抜け出す展開となっており、フェルナンデス、ガードナー、マルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)の3名がレースをリードした。

 2番手のガードナーは3周目にベッツェッキによるオーバーテイクを許してしまい、3番手に後退。タイトル争いを考えると早めに抜き返したいガードナーは、8周目にベッツェッキを交わして2番手に復帰し、先頭のフェルナンデスを追った。

 そこからの3周でガードナーはフェルナンデスとの差を縮め、ホームストレートで並ぶとターン1でオーバーテイク。先頭に立った。

 そこからフェルナンデスは反撃することができず、逆に徐々にガードナーと差を広げられてしまう展開。終盤までこの構図が変わることはなかった。

 レース残り3周の時点で、ガードナーとフェルナンデスの差は1.2秒。既にフェルナンデスは余力が無いようで、その差は更に拡大していった。最終的に3秒差をつけてガードナーがトップチェッカー。2位はフェルナンデス、3位には終盤に猛烈な追い上げを見せたサム・ロウズ(Elf Marc VDS Racing Team)が入った。

 なおガードナーが勝利したことで、フェルナンデスとのポイント差は23点まで開いた。ガードナーがタイトル獲得の可能性を大きく引き寄せる結果となった。

 小椋は3周目にターン14でクラッシュ。コースには復帰できず、序盤でレースを終える結果となってしまった。

 長島はスタートポジションから4つ順位を上げて、21位でフィニッシュ。長島は最終戦バレンシアGPにも引き続き出場する予定だ。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Australia レミー ガードナー 23 -       25
2 Spain ラウル フェルナンデス 23 3.014 3.014 3.014   20
3 United Kingdom サム ロウズ 23 3.899 3.899 0.885   16
4 Spain アロン カネット 23 7.616 7.616 3.717   13
5 United States Cameron Beaubier 23 7.621 7.621 0.005   11
6 Italy Celestino Vietti Ramus 23 10.021 10.021 2.400   10

シェア
コメント
Moto2アルガルヴェ予選:ラウル・フェルナンデス、王座争いに希望つなぐPP。小椋藍9番手
前の記事

Moto2アルガルヴェ予選:ラウル・フェルナンデス、王座争いに希望つなぐPP。小椋藍9番手

次の記事

ホンダ・チーム・アジア、2022年のラインアップ発表。Moto2小椋藍は継続参戦へ

ホンダ・チーム・アジア、2022年のラインアップ発表。Moto2小椋藍は継続参戦へ
コメントを読み込む