Moto2バレンシア決勝:レミー・ガードナー、Moto2タイトル獲得し親子2代王者に! 優勝は僚友フェルナンデス

MotoGP第18戦バレンシアGPのMoto2クラス決勝が行われた。RedBull KTM Ajoのライダー2名によるタイトル争いは、レミー・ガードナーに軍配。レース優勝はラウル・フェルナンデスだった。

Moto2バレンシア決勝:レミー・ガードナー、Moto2タイトル獲得し親子2代王者に! 優勝は僚友フェルナンデス

 2021年のMotoGP最終戦、第18戦バレンシアGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はラウル・フェルナンデスだったが、Moto2王者にはレミー・ガードナーが輝いた。

 Moto2クラスは唯一チャンピオン争いが最終戦に持ち越されたクラス。RedBull KTM Ajoのレミー・ガードナーとラウル・フェルナンデスによる争いだ。

 予選ではフェルナンデスが優勢で4番グリッドを確保。ガードナーは8番手からのスタートとなった。なおポールポジションを獲得したのはシモーネ・コルシ(MV Agusta Forward Racing)だった。

 25周の決勝レースは、そのコルシがホールショットを奪取。ラウル・フェルナンデスも3番手に上がっていたが、1周目に発生したマルチクラッシュによって、赤旗中断となってしまった。

 ターン2でチャビ・ビエルゲ(Petronas Sprinta Racing)の転倒を切っ掛けに、マルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)、ロレンソ・バルダッサーリ(MV Agusta Forward Racing)の2名が巻き込まれる形で転倒。コースコンディション(オイル)の問題から、即座に赤旗が振られた。

 レースはオリジナルグリッドで、16周に減算されて再スタートを切ることになった。なおベッツェッキはマシン修復がピットレーンクローズに間に合わず、グリッド最後尾からのスタートとなった。

 またPPスタートのコルシには、フォーメーションラップでトラブルが発生。グリッドに付くこと無くリタイアとなった。

 リスタートで先頭を奪ったのはアウグスト・フェルナンデス(Elf Marc VDS Racing Team)。2番手にラウル・フェルナンデスが続いた。ガードナーは9番手だ。

 ラウル・フェルナンデスは2周目から先頭を狙ってオーバーテイクをしかけていき、アウグスト・フェルナンデスやファビオ・ディ・ギャナントニオ(Federal Oil Gresini Moto2)とバトルする展開となった。

 一方でタイトルを争うガードナーは、ずるずるとポジションを下げる不穏な立ち上がりとなり、レース折返しの8周目には11番手となっていた。

 先頭集団はディ・ギャナントニオとラウル・フェルナンデス、若干間を空けてアウグスト・フェルナンデスら3台で形成された。

 ディ・ギャナントニオとラウル・フェルナンデスはテールトゥノーズ状態での走りがしばらく続き、レースは終盤となった。

 動きがあったのは残り4周。ターン2でラウル・フェルナンデスがインを突いて先頭に浮上した。ディ・ギャナントニオには追撃を許さずに逃げ始めた。

 ラウル・フェルナンデスは先頭でラストラップに入り、後続を振り切ってチェッカーを受け、今シーズン8勝目を挙げた。2位はディ・ギャナントニオ、3位はアウグスト・フェルナンデスだ。

 そしてタイトル争いのライバルであるガードナーは、10位でフィニッシュ。ラウル・フェルナンデスの追い上げを退けて、2021年のMoto2チャンピオンに輝いた。なお父親で1987年の500CC王者であるワイン・ガードナーと合わせ、歴代2組目の親子チャンピオンとなった。

 またオーストラリア人王者は、2011年MotoGPクラスのケーシー・ストーナー以来だ。

 代役参戦中の長島哲太(Italtrans Racing Team)は、レース中盤からガードナーとのランデブー状態で走行。一時はオーバーテイクもしかけたが、抜ききることはできず11位でのフィニッシュとなったが、ポイントを持ち帰った。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain ラウル フェルナンデス 16 -       25
2 Italy ファビオ ギャナントニオ 16 0.517 0.517 0.517   20
3 Spain アウグスト フェルナンデス 16 0.786 0.786 0.269   16
4 Italy Celestino Vietti Ramus 16 2.393 2.393 1.607   13
5 Spain アロン カネット 16 4.978 4.978 2.585   11
6 Spain チャビ ビエルゲ 16 5.091 5.091 0.113   10
7 United Kingdom サム ロウズ 16 5.415 5.415 0.324   9
8 Spain ホルヘ ナヴァッロ 16 5.808 5.808 0.393   8
9 Germany マルセル シュロッター 16 7.941 7.941 2.133   7
10 Australia レミー ガードナー 16 9.112 9.112 1.171   6

シェア
コメント
Moto2バレンシア予選:シモーネ・コルシ、9年ぶりPP獲得! 長島哲太が15番手で決勝へ
前の記事

Moto2バレンシア予選:シモーネ・コルシ、9年ぶりPP獲得! 長島哲太が15番手で決勝へ

次の記事

Moto2王者に輝いたレミー・ガードナー、躍進の鍵は2020年シーズンの”CPU“交換?

Moto2王者に輝いたレミー・ガードナー、躍進の鍵は2020年シーズンの”CPU“交換?
コメントを読み込む