Moto2スペイン初日:ロウズ、4連続PPに向け首位発進。小椋21番手、代役参戦の羽田大河は31番手

MotoGP第4戦スペインGP第4戦のMoto2クラス初日の走行が行なわれた。FP1とFP2を通した総合タイムで首位となったのは、サム・ロウズだ。 

Moto2スペイン初日:ロウズ、4連続PPに向け首位発進。小椋21番手、代役参戦の羽田大河は31番手

 2021年のMotoGP第4戦スペインGP。そのMoto2クラス初日フリー走行で総合トップタイムをマークしたのは。Elf Marc VDS Racing Teamのサム・ロウズだった。

 ロウズはこの日、FP2で1分41秒515をマーク。タイムをFP1から改善できていないライダーも見られる中、着実にFP1から改善を進めてきた。なおロウズはFP1では転倒し身体がバイクに挟まれるシーンもあったが、その後問題なく走行を続けることができた。

 3戦連続でポールポジションを獲得するなど、今シーズン非常に速さを示しているロウズだが、ヘレスでもそれに変わりはない様子だ。

 総合2番手タイムとなったのは、レミー・ガードナー(Red Bull KTM Ajo)。彼はFP1でマークした自己ベスト1分41秒675でこの位置につけている。

 そこに続く総合3番手はジェイク・ディクソン(Petronas Sprinta Racing)。彼はFP2で大きく自己ベストを更新して、トップ3に割り込んできた。

 またルーキーながらこれまでの3レースで非常に印象的な走りを見せてきた、ラウル・フェルナンデスは今回も好調。総合6番手につけている。同じくMoto2ルーキーの小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)はFP1からFP2にかけて大きくタイムを伸ばしたが、総合21番手とQ2直接進出圏内には入れていない。

 今回、NTS RW Racing GPからは、開幕戦カタールGPで転倒し骨折の怪我を負ってしまったバリー・バルタスの代役として、羽田太河が参戦している。彼は初日を最後尾31番手タイムで終えている。

 

Read Also:

【2021MotoGP第4戦スペインGP Moto2フリー走行2回目】

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United Kingdom サム ロウズ 18 1'41.515     156.851
2 Australia レミー ガードナー 18 1'41.774 0.259 0.259 156.452
3 United Kingdom Jake Dixon 14 1'41.785 0.270 0.011 156.435
4 United States Joe Roberts 17 1'41.813 0.298 0.028 156.392
5 Spain ラウル フェルナンデス 16 1'41.958 0.443 0.145 156.170
6 Italy ニッコロ ブレガ 17 1'42.002 0.487 0.044 156.102

シェア
コメント
〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:期待の予選4番手も……Moto2初転倒リタイアに小椋「もったいないレース」

前の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:期待の予選4番手も……Moto2初転倒リタイアに小椋「もったいないレース」

次の記事

Moto2スペイン予選:ガードナーがレコード更新のタイムでPP獲得。小椋藍9番手3列目から決勝へ

Moto2スペイン予選:ガードナーがレコード更新のタイムでPP獲得。小椋藍9番手3列目から決勝へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2