Moto2イタリア初日:小椋藍、ムジェロ初日は25番手に沈む。トップタイムはサム・ロウズ

MotoGP第6戦イタリアGPのMoto2クラス初日フリー走行が行なわれた。初日の総合トップタイムはサム・ロウズだった。

Moto2イタリア初日:小椋藍、ムジェロ初日は25番手に沈む。トップタイムはサム・ロウズ

 2021年のMotoGP第6戦イタリアGP。そのMoto2クラス初日フリー走行がムジェロ・サーキットで行なわれた。初日総合トップタイムをマークしたのはElf Marc VDS Racing Teamのサム・ロウズだった。

 2番手タイムはルーキーながら上位が定位置となってきた感のある、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo/+0.184秒)。3番手にはホルヘ・ナヴァッロ(MB Conveyors Speed Up/+0.308秒)が続いている。

 ルーキーライダーではトニー・アルボリーノ(Liqui Moly Intact GP/0.591秒)が6番手、小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia/1.656秒)は25番手となった。

 また4番手タイムとなったジョー・ロバーツ(Italtrans Racing Team/+0.361秒)は、FP2の中盤に転倒。自身のFP1のタイムを更新できなかったが、初日総合では上位をキープした。

 ポイントランキング首位のレミー・ガードナー(Red Bull KTM Ajo/+0.599秒)は初日を7番手タイムで終えている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United Kingdom サム ロウズ 17 1'51.385     169.520
2 Spain ラウル フェルナンデス 17 1'51.569 0.184 0.184 169.240
3 Spain ホルヘ ナヴァッロ 15 1'51.693 0.308 0.124 169.052
4 Italy マルコ ベッツェッキ 17 1'51.850 0.465 0.157 168.815
5 Italy トニー アルボリーノ 15 1'51.976 0.591 0.126 168.625
6 Italy ファビオ ギャナントニオ 12 1'52.007 0.622 0.031 168.578
7 Australia レミー ガードナー 16 1'52.056 0.671 0.049 168.505
8 Spain シャビ ビエルへ 17 1'52.081 0.696 0.025 168.467
9 United States Joe Roberts 7 1'52.221 0.836 0.140 168.257
10 Germany マルセル シュロッター 16 1'52.357 0.972 0.136 168.053

シェア
コメント
〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:小椋、初の雨経験もル・マン7位の健闘。青山監督「確実に良くなっている」
前の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:小椋、初の雨経験もル・マン7位の健闘。青山監督「確実に良くなっている」

次の記事

Moto2イタリア予選:フェルナンデスが2戦連続のPP獲得。小椋藍はQ2進出12番手

Moto2イタリア予選:フェルナンデスが2戦連続のPP獲得。小椋藍はQ2進出12番手
コメントを読み込む