Moto2ドイツ初日:レミー・ガードナー初日総合トップ。小椋藍は20番手

MotoGP第8戦ドイツGPのMoto2クラス初日フリー走行が行なわれた。総合トップタイムをマークしたのは、レミー・ガードナーだった。

Moto2ドイツ初日:レミー・ガードナー初日総合トップ。小椋藍は20番手

 ザクセンリンクで行なわれているMotoGP第8戦ドイツGP。Moto2クラスの初日フリー走行を通じて総合トップタイムを記録したのは、レミー・ガードナー(Red Bull KTM Ajo)だった。

 ガードナーはFP1とFP2両セッションでトップタイムをマーク。最終的に1分24秒197で総合トップタイムとした。前戦カタルニアGPの際に2022年のMotoGPクラス昇格を発表済みのガードナー。現在2連勝中だが、その勢いは健在のようだ。

 総合2番手(+0.339秒)はチームメイトのラウル・フェルナンデス。チャンピオンシップ争いでも直接のライバルとなっており、予選・決勝とバトルを予感させる位置に並んだ。

 続く総合3番手(+0.442秒)はファビオ・ディ・ギャナントニオ(Federal Oil Gresini Moto2)。彼もドイツGP開幕前にグレシーニから2022年のMotoGP昇格が発表されたばかりだが、早速好位置につけてきた。

 日本人ライダーの小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)は総合20番手タイム。FP2終盤に転倒があり、自己ベストを刻みつつあったラップを完遂できずこの位置に留まった。

 

Read Also:

【Moto2クラス フリー走行1回目】

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Australia レミー ガードナー 21 1'24.873     154.607
2 Italy ファビオ ギャナントニオ 19 1'24.975 0.102 0.102 154.421
3 Spain シャビ ビエルへ 21 1'25.097 0.224 0.122 154.200

【Moto2クラス フリー走行2回目】

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Australia レミー ガードナー 20 1'24.197     155.848
2 Spain ラウル フェルナンデス 19 1'24.536 0.339 0.339 155.223
3 Italy ファビオ ギャナントニオ 21 1'24.639 0.442 0.103 155.034

シェア
コメント
〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:成長続く小椋、転倒リタイアでも「“今季ベスト”のレースだった」と手応え

前の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:成長続く小椋、転倒リタイアでも「“今季ベスト”のレースだった」と手応え

次の記事

Moto2ドイツ予選:フェルナンデスがレコード更新タイムでPP。小椋藍8番手スタート

Moto2ドイツ予選:フェルナンデスがレコード更新タイムでPP。小椋藍8番手スタート
コメントを読み込む