Moto2ドイツ決勝:ガードナー、独走優勝でランク首位固める。小椋藍は上位走行も最終ラップ転倒リタイア

MotoGP第8戦ドイツGPのMoto2決勝レースが行なわれた。優勝はRed Bull KTM Ajoのレミー・ガードナーだった

Moto2ドイツ決勝:ガードナー、独走優勝でランク首位固める。小椋藍は上位走行も最終ラップ転倒リタイア

 ザクセンリンクでMotoGP第8戦ドイツGPのMoto2決勝レースが行なわれた。優勝はRed Bull KTM Ajoのレミー・ガードナーだった。

 28周のレースがスタートすると、すぐにラウル・フェルナンデスとレミー・ガードナーのRed Bull KTM Ajoのコンビが抜け出して、3番手以下を置き去りにする展開となった。

 3番手にはジャビ・ビエルヘ(Petronas Sprinta Racing)、4番手にはマルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)が続いていたが、彼らは先頭2台のペースについていくことができず、2周を消化する頃には2秒以上の差をつけられてしまった。

 その先頭争いでは2周目にガードナーがフェルナンデスを交わしてトップが交代。2人はファステストラップを互いに更新していくハイペースなバトルを繰り広げた。

 そして4周目、フェルナンデスはターン3で転倒を喫してしまう。レース復帰は叶わず、彼はここでレースを終えた。ランキング2番手でタイトルをガードナーと争っている状況のフェルナンデスにとっては痛い転倒だ。

 フェルナンデスの転倒で、先頭を行くガードナーは完全に一人旅の体制。2番手に浮上してきたアロン・カネット(Aspar Team Moto2)に対しては、既に5秒以上のギャップを築いていた。

 それ以降ガードナーはペースを多少落としての周回となり、淡々とラップを消化していった。

 また2番手のカネットも既に3番手のベッツェッキに対して2秒近いギャップを開いたことで、注目はベッツェッキ、そしてそれを追うファビオ・ディ・ギャナントニオ(Federal Oil Gresini Moto2)やビエルへによる3番手争いへと絞られた。

 先頭をひた走るガードナーは、安定したペースでラストラップもしっかりと走りきり、トップチェッカー。2番手以下に大差をつけて今季3勝目を挙げた。2位はカネット、3位にはベッツェッキが入った。

 ガードナーは、ランク2位のフェルナンデスが転倒ノーポイントに終わったこともあり、ポイント差を大きく拡大。フェルナンデスに対し36ポイント差とした。

 日本人ライダーの小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)は、レース終盤にかけて追い上げを見せ、自己ベストタイの5番手の位置まで浮上していた。しかし最終ラップに転倒してしまい、リタイアでレースを終えた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Australia レミー ガードナー 28 -       25
2 Spain アロン カネット 28 6.158 6.158 6.158   20
3 Italy マルコ ベッツェッキ 28 7.030 7.030 0.872   16
4 Italy ファビオ ギャナントニオ 28 8.145 8.145 1.115   13
5 United Kingdom サム ロウズ 28 9.888 9.888 1.743   11
6 Germany マルセル シュロッター 28 10.000 10.000 0.112   10
7 Spain ホルヘ ナヴァッロ 28 16.039 16.039 6.039   9
8 Spain Albert Arenas 28 19.394 19.394 3.355   8
9 Spain マルコス ラミレス 28 21.718 21.718 2.324   7
10 United States Cameron Beaubier 28 26.393 26.393 4.675   6

シェア
コメント
Moto3ドイツ決勝:鳥羽海渡、2位表彰台獲得! ペドロ・アコスタ今季4勝目挙げる

前の記事

Moto3ドイツ決勝:鳥羽海渡、2位表彰台獲得! ペドロ・アコスタ今季4勝目挙げる

次の記事

MotoGPドイツ決勝速報:マルク・マルケス、復活ッ! 2020年の大怪我乗り越え“勝利”掴む

MotoGPドイツ決勝速報:マルク・マルケス、復活ッ! 2020年の大怪我乗り越え“勝利”掴む
コメントを読み込む