レースレポート
Moto2 サンマリノ

Moto2サンマリノ決勝|アコスタがライバル突き放し今季5勝目。小椋藍が13番手から追い上げ5位フィニッシュ

ミサノ・サーキットでMotoGP第12戦サンマリノGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はペドロ・アコスタだった。

Pedro Acosta, Red Bull KTM Ajo

 MotoGP第12戦サンマリノGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれ、ペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)が勝利した。

 Moto2クラスの予選で日本勢は苦戦し、小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)の13番手が最上位。野左根航汰(Correos Prepago Yamaha VR46 MasterCamp)と羽田太河(Pertamina Mandalika SAG Team)は最後方からのスタートとなった。

 全22周の決勝レースは、2番グリッドのアコスタが好スタートを決めてホールショットを奪った。先頭レースで引っ張るアコスタを、ポールシッターのセレスティーノ・ビエッティ(Fantic Racing)、4番グリッドのアロン・カネット(Pons Wegow Los40)が追いかけていき、彼ら3台の集団が抜け出す展開となった。

 ただ先頭を走るアコスタは毎周ファステストラップを更新する走りを見せ、2番手のビエッティはそれについていけずに差が序盤から広がっていった。

 そして8周目、3番手を走っていたカネットがターン14で転倒。表彰台圏内を走っていたが、チャンスを活かせないままレースを終えることになった。

 カネットの脱落によって、優勝争いはアコスタとビエッティ2人の対決状態に。ただビエッティは依然として0.8~0.9秒ほどに開いたアコスタとの差を詰め切れないでいた。

 ただビエッティはレースが後半に入ると、少しその差を詰め始め、一時は0.4秒差まで詰め寄った。しかしアコスタもこれに反応してペースを引き上げ、それ以上の接近を許さなかった。

 終盤にはビエッティにミスがあってギャップが1.6秒まで急拡大。ビエッティはタイヤが厳しいようでバランスを崩す場面も増え、残り5周でアコスタとの差は2秒と、優勝争いからは完全に脱落してしまった。

 優勝争いのライバルが脱落したあともアコスタは機械のように正確なラップを刻み続け、最後は6秒という大差をつけてフィニッシュ。今季5勝目を挙げた。2位はビエッティ、そして3位はアロンソ・ロペス(+Ego SpeedUp)となった。

 13番手からスタートした小椋は、レースを通じてポジションを上げていき最終的に5位でフィニッシュを果たした。羽田は19位、野左根は21位と、ポイントには届かなかったものの無事にレースを完走した。

 
 
 
         
Driver Info
 
 
 
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 リタイア原因 ポイント
1 Spain P. Acosta Ajo Motorsport 37 Kalex 22 -       25
2 Italy C. Vietti Ramus Fantic Racing 13 Kalex 22 +6.305 6.305     20
3 Spain ロペス (+)Ego - Speed Up Racing 21 Boscoscuro B-21 22 +9.989 3.684     16
4 Italy アルボリーノ Elf Marc VDS Racing Team 14 Kalex 22 +11.344 1.355     13
5 Japan 藍(Ai Ogura) Honda Team Asia 79 Kalex 22 +12.442 1.098     11
6 Thailand チャントラ Honda Team Asia 35 Kalex 22 +13.160 0.718     10

前の記事 地元イタリアのビエッティがポールポジション獲得。小椋は13番手と中団スタートに|Moto2サンマリノ予選
次の記事 小椋藍、今季限りでホンダ・チーム・アジアを離脱。MT Helmetsへ移籍しMoto2継続参戦へ

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本