予選レポート
Moto2 Jerez

Moto2スペイン予選|アルデゲルがポールポジション獲得。日本勢は小椋藍17番手と苦戦

MotoGP第4戦スペインGPのMoto2クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはフェルミン・アルデゲルだった。

Fermin Aldeguer, SpeedUp Racing

 MotoGP第4戦スペインGPのMoto2クラス予選が行なわれ、Beta Tools SpeedUpのフェルミン・アルデゲルがポールポジションを獲得した。

 Moto2クラスに参戦する日本人ライダーは今回、小椋藍(MT Helmets - MSI)が予選Q2へ直接進出を決めた。

 佐々木歩夢(Yamaha VR46 Master Camp Team)は今回、腕上がりの手術からの復帰戦だったが、午前中のプラクティスでハイサイドを喫してしまった。そして検査のため病院へ向かったことで予選は欠場となった。Moto2ルーキーの佐々木にとっては、厳しい時期が続いてしまっている。

 予選Q2からの参加となった小椋は、チームメイトのセルジオ・ガルシアと連れ立ってコースイン。ガルシアの後ろでアタックに向かったが、最初は14番手タイムと後方に留まった。

 その次のラップでは最速ペースを記録していたが、小椋はピットイン。後半のアタックに掛ける形となった。

 しかし小椋は大きくタイムを更新できないまま、セッションを終了。17番手タイムとなり、レースは中団位置からのスタートとなった。

 ポールポジションを獲得したのはフェルミン・アルデゲル。2番手にはアルベルト・アレナス(QJMOTOR Gresini Moto2)、3番手にジェイク・ディクソン(CFMOTO Aspar Team)が並んだ。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 スピードトラップ
1 Spain Fermin Aldeguer Beta Tools - Speed Up Racing 54 Boscoscuro B-21 8

1'40.673

  158.163  
2 Spain Albert Arenas QJMOTOR Gresini Moto2 75 Kalex 8

+0.438

1'41.111

0.438 157.478  
3 United Kingdom Jake Dixon CFMOTO Aspar Team 96 Kalex 8

+0.793

1'41.466

0.355 156.927  
 

 

前の記事 Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
次の記事 Moto2スペイン決勝|フェルミン・アルデゲル、母国戦勝利! 小椋藍は追い上げ11ポジションアップの6位

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本