Moto2 Circuit Of The Americas

Moto2アメリカズGP予選|小椋Q2進出も17番手に留まる。ポールポジションはカネット

MotoGP第3戦アメリカズGPのMoto2クラス予選が行なわれ、アロン・カネット(Fantic Racing)がポールポジションを獲得した。

Aron Canet, Fantic Racing

 MotoGP第3戦アメリカズGPのMoto2クラス予選は、アロン・カネット(Fantic Racing)がポールポジションを獲得した。

 Moto2クラスには小椋藍(MT Helmets - MSI)と佐々木歩夢(Yamaha VR46 Master Camp Team)のふたりの日本人ライダーが参戦。ただ今シーズンからMoto2クラスへ昇格した佐々木は、第2戦ポルトガルGP後に腕上がりの治療のために手術を受けており、アメリカズGPは術後の経過からドクターストップがかかってしまい、欠場することになった。

 小椋は順当に予選Q2への直接進出を果たしており、上位グリッド獲得が期待された。

 ポールポジションを争う予選Q2が始まると、序盤に好タイムを記録したのはバリー・バルタス(RW Racing GP)。2分8秒261で暫定トップとした。

 カネットがそれを超える2分8秒013を記録して暫定トップが入れ替わった後、小椋もアタックをまとめて2分8秒509の自己ベストを記録。ただ僅かなタイム差の中に多くのライダーが並んでおり、小椋は8番手に留まった。

 Q2終盤のアタックではフェルミン・アルデゲル(SpeedUp Racing)が2分7秒740をマーク。この暫定トップタイムは塗り替えられないかとも思われたが、最後のアタックでカネットが2分7秒631を記録。ポールポジションはカネットとなり、2番手アルデゲル、3番手セルジオ・ガルシア(MT Helmets - MSI)というフロントロウの並びとなった。

 小椋はQ2終盤に自己ベスト更新ラップを刻んだものの、その更新幅は僅かなものに留まり上位に食い込むほどではなかった。そしてライバル達がよりタイムを縮めた結果、小椋は予選を17番手で終えた。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 スピードトラップ
1 Spain アロン カネット Fantic Racing 44 Kalex 6

2'07.631

  155.501  
2 Spain Fermin Aldeguer Beta Tools - Speed Up Racing 54 Boscoscuro B-21 7

+0.109

2'07.740

0.109 155.368  
3 Spain Sergio Garcia MT Helmets - MSI 3 Boscoscuro B-21 6

+0.188

2'07.819

0.079 155.272  
 

前の記事 リバティ・メディアによるMotoGPの買収で、Moto2やMoto3はどうなる?「シリーズにとって本質的な部分」と重要視
次の記事 Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本