予選レポート
Moto2 Assen

Moto2オランダ予選|小椋藍、2番手フロントロウを獲得。ポールポジションはアルデゲル

MotoGP第8戦オランダGPのMoto2クラス予選が行なわれ、フェルミン・アルデゲル(SpeedUp Racing)がポールポジションを獲得した。

Ai Ogura, MT Helmets MSI

Ai Ogura, MT Helmets MSI

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 MotoGP第8戦オランダGPがTTサーキット・アッセンで開催。Moto2クラスの予選でポールポジションを獲得したのは、フェルミン・アルデゲル(SpeedUp Racing)だった。

 日本人ライダーの小椋藍(MT Helmets - MSI)はフリー走行で全体6番手となり、予選Q2へ直接進出。佐々木歩夢(Yamaha VR46 Master Camp Team)は予選Q1からのスタートとなった。

 Q1は前半からアルベルト・アレナス(QJMOTOR Gresini Moto2)が速さを見せ、タイムシートのトップに立った。

 セッション終盤は新品タイヤでアレナスに迫るタイムを出すライダーも増えたが、アレナスを上回るライダーは現れず。アレナスがQ1をトップで通過した。佐々木は最終的にQ1で10番手と、Q2進出はならなかった。

 Q2は各車の最初のアタックが終わった段階でセルジオ・ガルシア(MT Helmets - MSI)が暫定首位に。小椋も3番手につけた。

 セッション中盤にほぼ全車が一旦ピットに戻り、タイヤを交換してさらにアタックへ。ここで各車が続々とタイムを更新。しかし複数箇所でイエローフラッグが振られた時間帯もあり、タイム抹消もいくつか見られた。

 終盤まで誰がポールポジションを獲得するか分からない激しいアタック合戦が続き、最終的にポールポジションを獲得したのはアルデゲル。うまくアタックをまとめ、後続に0.2秒以上の差をつけた。

 小椋は、チームメイトのガルシアをひとつ上回る2番手フロントロウを獲得。ポイントリーダーであるガルシアとの差を縮めるべく、課題だった予選で良いスタート位置を手にした。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 スピードトラップ
1 Spain Fermin Aldeguer Folladore SpeedUp 54 Boscoscuro B-21 8

1'35.269

  171.631  
2 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) MT Helmets - MSI 79 Boscoscuro B-21 8

+0.230

1'35.499

0.230 171.218  
3 Spain Sergio Garcia MT Helmets - MSI 3 Boscoscuro B-21 8

+0.354

1'35.623

0.124 170.996  
 

前の記事 Moto2イタリア決勝|小椋藍、ロケットスタートで5位。ロバーツがスパート決め優勝
次の記事 小椋藍が激戦を制し、今季2勝目マーク! ランキング2番手に浮上|Moto2オランダ決勝

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本