【Moto2】24位の中上「ドライでもウエットでも足踏み状態だった」

チェコGPを24位で終えた中上貴晶は、ドライでもウエットでも遅く、解決策が見つからなかったと話した。【IDEMITSU Honda Team Asia Press Release】

2017年8月6日(日) Rd.10 チェコGP オートモトドラム・ブルノ・サーキット
コンディション:ウエット 気温:20℃ 路面:22℃

 第10戦チェコGPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaのカイルール・イダム・パウィが激しい順位争いの末に、14位フィニッシュを果たしました。チームメートの中上貴晶は、24位で完走しました。

 現地時間午後12時20分(日本時間午後7時20分)にスタートした決勝レースは、ドライコンディションで始まりましたが、途中から雨が強くなったため、赤旗中断。7周目時点の順位を新たなグリッドとして、6周のスプリントでレースが再開されました。

 この第2レースを5列目13番グリッドからスタートしたパウィは、ライバル選手たちを相手に一歩も引かないバトルで14位でフィニッシュし、Moto2クラス初となるポイントを獲得しました。同じく5列目の15番手から第2レースに挑んだ中上は、難しいコンディション下でのペースアップに苦労しながらも最後まで粘りの走りを見せ、チェッカーフラッグを受けました。

 第11戦オーストリアGPは、8月11日(金)にMoto2クラスのFP1が現地時間午前10時55分(日本時間午後5時55分)にスタートします。

 カイルール・イダム・パウィ(14位/14'01.976/+22.940)
「前戦のドイツGPではウエットコンディションで苦戦していたので、今回はドライでレースをしたいというのが正直な気持ちでした。でも、今日のレースは悪くないリザルトで、Moto2クラス初のポイントも獲得できました。チームと力を合わせて努力してきた成果を出せて、自信を深めることもできたので、うれしいです。次のオーストリアでは、もっといい結果を得られるようにがんばります!」
中上貴晶(24位/14'08.499/+29.463)
「週末を通してドライでもウエットでも遅く、足踏み状態になってしまい、思った以上に苦しんだレースウイークでした。チームは改善するようにいろいろがんばってくれたのですが、解決策を見いだすことができませんでした。次のオーストリアに向けて、冷静に対応策を考えたいと思います」
岡田忠之 チーム監督
「パウィは、とてもいいレースになりました。また、レースウイークを通じて晴れでも雨でも決勝レースのポジションで走れていたので、後半戦の戦いがたのしみです。中上は、本来の感覚を取り戻すために、オーストリアではマシンをベース仕様に戻して取り組む予定です」

【IDEMITSU Honda Team Asia Press Release】

【関連ニュース】

Moto2チェコ 決勝:激変の天候を味方に、ルティ大逆転で今季初優勝

Moto2 チェコ予選:パッシーニが自身初のPP。中上振るわず15位

MotoGPチェコ 決勝:マルケス好判断! 2周目のマシン乗り換えで連勝

MotoGPコラム:前半戦を戦い抜いた5人の日本人。後半戦の課題とは

中上、2度の不運で表彰台ならず「悔しいし、申し訳ない」/鈴鹿8耐

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2
イベント名 Brno
サーキット Brno Circuit
記事タイプ プレスリリース