Moto2アメリカズGP決勝:MotoGP再昇格への第一歩……ルティ独走優勝

シェア
コメント
Moto2アメリカズGP決勝:MotoGP再昇格への第一歩……ルティ独走優勝
2019/04/14 18:19

Moto2アメリカズGPの決勝レースは、今年Moto2復帰を果たしたトーマス・ルティが優勝。Dynavolt Intact GPが1-2フィニッシュを果たした。

 MotoGPアメリカズGPのMoto2クラス決勝が行われ、昨年MotoGPに挑みながらも今年からMoto2に復帰しているトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)が優勝を果たした。

 気温17度、路面温度31度、ドライコンディションで決勝レーススタートの時を迎えたアメリカズGPのMoto2クラス。上空には雲がほとんどない青空が広がった。

 絶好のスタートを切ったのは、ポールポジションのマルセル・シュロッター(Dynavolt Intact GP)。しかしターン1のブレーキングでアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)が先行し、ホールショットを奪う。トーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)も2番手に上がり、シュロッターは3番手までポジションを下げてしまう。

 そのターン1のブレーキングゾーンのアウト側では、ジョー・ロバーツ(American Racing KTM)、シャビ・ビエルへ(EG 0,0 Marc VDS)、ファビオ・ディ・ギャナントニオ(Beta Tools Speed Up)の3台が絡む転倒が発生。さらにターン10では、開幕2連勝中だったロレンソ・バルダッサーリ(Flexbox HP 40)が、バランスを崩しかけたホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)に追突し、転倒リタイアとなってしまった。また2周を終えたところでブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)もマシントラブルでレースを諦める……波乱含みのレース序盤となった。

 マルケス、ルティ、シュロッターの3台は、4番手サム・ロウズ(Federal Oil Gresini Moto2)以下を引き離してレースを展開。そんな中、ルティは7周目のターン1でマルケスのインに飛び込み、一瞬前を奪うも、すぐにマルケスがポジションを奪い返す。しかしバックストレートエンドのターン12で、ルティがマルケス攻略に成功し、ついに首位に立った。ルティは先頭に立つと一気にスパート。マルケスを引き離しにかかる。

 翌8周目にはホルヘ・ナバッロ(Beta Tools Speed Up)がロウズをターン12でオーバーテイクし、4番手に浮上。トップ3との差を詰めていく。

 首位を明け渡してしまったマルケスは、ペースが上がらず……9周目にシュロッターにオーバーテイクされてしまった。これでDynavolt Intact GPが1-2体制を築いた。

 13周目、入賞圏内を走っていたイケル・レクオーナ(American Racing KTM)が、ターン12でハイサイドを起こして転倒。リタイアとなってしまった。

 レース終盤、マルケスのペースが上がらず、ナバッロとルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が接近。14周目にはターン11とターン12でナバッロがマルケスの前に出るも、マルケスは意地を見せてこれを抜き返す。ただ、15周目のターン11のブレーキングでマルケスがバランスを崩した際に、ナバッロとマリーニがオーバーテイク。しかしマルケスはターン12でマリーニを抜き返した……このバトルが激化する間にマティア・パシーニ(Flexbox HP 40)もスルスルと迫り、マルケスとマリーニをオーバーテイクし、4番手を漁夫の利で奪った。

 ルティは首位に立った後は圧倒的な走りを見せてトップチェッカー。Moto2復帰以降初勝利を飾った。2位にもシュロッターが入り、Dynavolt Intact GPがワンツーフィニッシュを決めた。

 3位にはナバッロで嬉しい初表彰台。パシーニが4位となった。

 マルケスが5位。マリーニはマルケスをどうしても攻略できず、後塵を拝する形でのフィニッシュとなった。ロウズは最後マルケスとマリーニの集団に追い付き、最終ラップでマリーニに仕掛けたがこれはうまくいかず、7位でのフィニッシュとなっている。

 日本から唯一参戦の長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)は12位入賞となった。

→MotoGPアメリカズGP Moto2クラス決勝結果

次の記事
Moto2アメリカズGP予選:シュロッターがポールポジション。マルケス弟は2番手フロントロウ

前の記事

Moto2アメリカズGP予選:シュロッターがポールポジション。マルケス弟は2番手フロントロウ

次の記事

Moto2復帰のルティ、MotoGPでの”厳しい1年”は「良い学校だった」

Moto2復帰のルティ、MotoGPでの”厳しい1年”は「良い学校だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
イベント Austin
サブイベント Race
まずは最新ニュースを読む