Moto2ムジェロ決勝:オリベイラ10人抜き優勝。四つ巴の大激戦を制す

シェア
コメント
Moto2ムジェロ決勝:オリベイラ10人抜き優勝。四つ巴の大激戦を制す
2018/06/03 11:14

MotoGP第6戦イタリアGPのMoto2クラス決勝が行われ、オリベイラが10人抜きの大逆転劇で優勝を果たした。長島はリタイアに終わった。

 MotoGP第6戦イタリアGPのMoto2クラス決勝が行われ、ミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)が大逆転の優勝を果たした。

 晴天に恵まれたムジェロ・サーキット。しかし路面温度は非常に上がっており、特にタイヤには厳しいレースとなることが予想された。

 そんな中、好スタートを切ったのは、2番手スタートだったマルセル・シュロッター(Dynavolt Intact GP)。その後ろに3番手スタートのアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)、3番手にはフランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)が続いた。目が覚めるようなスタートを決めたのは。11番グリッドのミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)。一気に4番手まで浮上してみせた。ポールポジションのマティア・パッシーニ(Italtrans Racing Team)はポジションを落とすこととなった。

 先頭に立ったシュロッターだが、1周目にまさかの転倒。せっかくのスタートをふいにしてしまう。

 2周目の1コーナーでは、先頭のマルケスにバニャイヤとオリベイラが襲いかかる。一時バニャイヤが先頭に立つも、すぐさまこれをオリベイラが奪い、二桁グリッドから一気にトップにまで浮上してみせた。

 スタートがうまくいかなかったパシーニだが、レースペースは優れており、前を行くライダーを次々に攻略。5周目頃からはオリベイラと毎周のように首位を入れ替えるポジションまでカムバックしてみせた。

 首位に立ったパッシーニは8周目頃からオリベイラとの差を開き、トップを堅持し始めた。そうはさせじと、それまで3番手に控えていたバニャイヤがオリベイラを抜き、2番手に浮上。パッシーニ追撃体制をとった。ただ、オリベイラもストレートスピードが伸びており、バニャイヤはそう簡単に引き離していくことができない。

 この3台の後ろには、ロレンソ・バルダッサーリ(Pons HP40)、ジョアン・ミル(EG 0,0 Marc VDS)、マルケスが続いていく。

 オリベイラ、バニャイヤ、そしてバルダッサーリの2番手争いが白熱する中、首位のパッシーニはペースを上げ、徐々にリードを広げていく。そんな中、バニャイヤはオリベイラとバルダッサーリに抜かれ、4番手にポジションを落としてしまう。

 ただ14周目にまさかの展開。ターン1でグリップを失った首位パッシーニがまさかの転倒を喫してしまう。グラベルにハマってしまったパッシーニは、なんとかコースに戻るも、もはや入賞も程遠いポジション。その後パッシーニは、リタイアを決断した。

 これでオリベイラのレースになるかと思いきや、バルダッサーリが一気に近づき、オリベイラを厳しく攻め始める。バニャイヤはこの2台についていくことができない。

 16周目のターン1で、バルダッサーリがついに先頭に浮上。オリベイラはクロスラインを仕掛けようと試みるが、バルダッサーリはこれをうまく凌いだ。

 この16周目、13番手あたりを争っていた長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)とヘクター・バルベラ(Pons HP40)が接触。共に転倒し、ここでリタイアとなってしまった。

 17周目にはオリベイラが意地を見せ、バルダッサーリを逆転して首位に再浮上。ただバルダッサーリも諦めず、翌18周目のターン1でポジションを奪い返した。

 ふたりが激しくやり合う間に、3番手バニャイヤと4番手ミルが首位争いに急接近。残り3周の時点で四つ巴の首位争いとなった。

 4台が接近戦のまま、最終ラップに突入。ターン1でミルがバニャイヤを抜き、3番手に上がった。先頭のバルダッサーリも苦しく、オリベイラに首位を明け渡してしまう。

 結局レースを制したのは、11番グリッドからのスタートだったオリベイラ。バルダッサーリは最後ミルの追撃を凌ぎ、2位を死守した。ミルが3位に入り、Moto2昇格後2度目の表彰台。バニャイヤは結局4位となった。

 非常に激しいバトルだったイタリアGPのMoto2クラス決勝。それを体現するかのように、優勝したオリベイラは、ウイニングランで肩で息をするように、疲れ切った仕草を見せた。

→MotoGP第6戦イタリアGPのMoto2クラス決勝結果

次の Moto2 ニュース
Moto2バルセロナ予選:クアッタハッホが初ポール。長島哲太12番手

前の記事

Moto2バルセロナ予選:クアッタハッホが初ポール。長島哲太12番手

次の記事

Moto2ムジェロ予選:パッシーニがポールポジション。長島哲太13番手

Moto2ムジェロ予選:パッシーニがポールポジション。長島哲太13番手

この記事について

シリーズ Moto2
イベント ムジェロ
サブイベント 日曜日 決勝レース
ロケーション ムジェロ・サーキット
ドライバー ミゲル オリベイラ
チーム レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング
記事タイプ レースレポート