Moto2日本決勝:クアッタハッホ、バニャイヤとの一騎打ちを制す

シェア
コメント
Moto2日本決勝:クアッタハッホ、バニャイヤとの一騎打ちを制す
執筆: 田中健一
2018/10/21 4:10

MotoGP日本GPのMoto2クラス決勝が行われ、ファビオ・クアッタハッホがフランチェスコ・バニャイヤとの一騎打ちを制し、優勝を果たした。

 MotoGP日本GPのMoto2クラス決勝レースが行われ、ファビオ・クアッタハッホが優勝を果たした。

 スタートでホールショットを決めたのは、素晴らしい蹴り出しをしたフランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)。ファビオ・クアッタハッホ(MB Conveyors - Speed Up)との争いをまずは制した。8番グリッドスタートの長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)は蹴り出しが悪く、3ポジション落として1周目を終えた。逆に9番手スタートだったミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)がジャンプアップし、5番手で1周目を終えている。

 3周目の90度コーナーで、クアッタハッホがバニャイヤをオーバーテイクし首位に浮上。抜かれたバニャイヤの隙を、ロレンソ・バルダッサーリ(Pons HP40)が狙う。

 クアッタハッホが先頭に立ったことで、上位勢のペースが上がった。これについていけるのはバニャイヤとバルダッサーリのみ。4番手シャビ・ビエルへ(Dynavolt Intact GP)以下はこれについていくことができない。次第にバルダッサーリもこれに遅れていき、上位ふたりの一騎打ちのような様相を呈していく。

 また長島は13番手までポジションを落とし、前を行くルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)との差を広げられていってしまう展開となった。

 残り9周というところで、ホルヘ・ナヴァッロ(Federal Oil Gresini Moto2)が転倒。その直後を走っていた長島は、なんとか接触を避けるも、若干タイムロスがあり、前との差が開くことになった。

 残り8周というところで、4番手争いが白熱。オリベイラがビエルへを交わして4番手に上がった。ビエルへはアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)、ブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)らにも次々と抜かれてしまう。

 首位争いは完全に一騎打ちの状態となり、レースは終盤に。バニャイヤが一瞬仕掛ける素振りを見せるも、順位は動かない。

 そして迎えた最終ラップ。バニャイヤはラインを変え、クアッタハッホとの差を縮めようと画策する。90度コーナーでインに飛び込もうとするバニャイヤだが、クアッタハッホはこれを冷静に対処し、そして逃げ切りに成功! 今シーズン2勝目を挙げた。2位バニャイヤ、3位バルダッサーリの順でフィニッシュした。

 長島哲太は最後ジョアン・ミル(EG 0,0 Marc VDS)との差を詰めたもののオーバーテイクには至らず、結局13位でのフィニッシュとなった。

→【リザルト】MotoGP日本GP Moto2クラス決勝結果

次の記事
Moto2日本予選:バニャイヤPP。長島ベストグリッドの8位

前の記事

Moto2日本予選:バニャイヤPP。長島ベストグリッドの8位

次の記事

クアッタハッホ、タイヤ内圧違反で失格。バニャイヤ繰り上がり優勝

クアッタハッホ、タイヤ内圧違反で失格。バニャイヤ繰り上がり優勝
Load comments

この記事について

シリーズ Moto2
イベント もてぎ
執筆者 田中健一
記事タイプ レースレポート