Moto2日本FP1|シュロッター首位。長島4番手! マルケス激しく転倒

シェア
コメント
Moto2日本FP1|シュロッター首位。長島4番手! マルケス激しく転倒
執筆: 田中健一
2018/10/19 2:53

MotoGP日本GPのMoto2クラスのフリー走行1回目が行われ、マルセル・シュロッターがトップタイムを記録。長島哲太が4番手と好スタートを切った。

 MotoGP日本GPのMoto2クラスのフリー走行1回目が行われ、マルセル・シュロッターがトップタイムを記録。長島哲太が4番手と好スタートを切った。

 直前に行われたMotoGP最高峰クラスのFP1はドライコンディションで行われたものの、Moto2クラスのFP1開始早々には、ツインリンクもてぎに降雨。しかしそれほど強い降りではなく、コースを完全に濡らすには至らない。

 しかし、時間が経過するにつれ、雨脚は徐々に強くなり、スタンドにも傘の花が咲いた。

 そのため、セッション残り20分という段階になると、各車がピットに戻り、天候の推移を待つこととなった。

 残り5分という段階から数台のマシンがコースに復帰。各車アタックを行った。

 そんな中でアレックス・マルケスがセクター1と2を全体ベストでクリアする。しかしターン8の立ち上がりで縁石に乗った際、バランスを崩して転倒。激しくクラッシュしてしまう。マルケスは自力でコース外に逃れたが、そこで動けず。コースマーシャルにより担架に乗せられて救助された。マルケスのマシンからは炎が上がった。

 これを最後にセッション終了。結局、セッション序盤にマルセル・シュロッターが記録した1分56秒507がトップタイムとなった。マルケスは2番手だった。

 長島哲太はセッション終盤に一気にペースアップ。4番手で最初の走行を終えた。

→MotoGP日本GP Moto2クラス:フリー走行1回目結果

次の記事
MotoGPコラム:舞台はフライアウェイへ。もてぎに向けた日本人ライダーの戦い

前の記事

MotoGPコラム:舞台はフライアウェイへ。もてぎに向けた日本人ライダーの戦い

次の記事

Moto2日本FP2|セッション後半は雨。レクオナ最速。長島7番手

Moto2日本FP2|セッション後半は雨。レクオナ最速。長島7番手
Load comments

この記事について

シリーズ Moto2
イベント もてぎ
執筆者 田中健一
記事タイプ フリー走行レポート