Moto2:開幕戦予選はアレックス・マルケスが圧倒。長島哲太は26番手

シェア
コメント
Moto2:開幕戦予選はアレックス・マルケスが圧倒。長島哲太は26番手
2018/03/17 15:35

2018シーズン開幕戦カタールGPのMoto2クラス予選が行われ、アレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)がポールポジションを獲得した。

 2018シーズンの開幕戦、カタールGPのMoto2クラス予選は、アレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)が他のライダーを圧倒してポールポジションを獲得した。

 強風により砂塵の舞う中45分で争われた予選セッション。序盤から積極的にタイムを出していったマルケスは、2分0秒651をマークした。2番手のミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)に0.4秒ほどの差をつけトップに立った。

 このトップタイムを更新できるライダーがいないままセッションが進んでいく。すると、マルケスは残り5分のタイミングでさらにタイムを削り、2分0秒299を叩き出した。

 結局、このタイムを脅かすライダーは現れず、2番手以下に0.3秒以上の差をつけてマルケスがポールポジションを獲得した。

 一方、2番手にはセッション最後のアタックでタイムをあげたロレンツォ・バルダッサーリ(Pons HP40)が入り、フランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)が3番手となった。昨シーズン終盤、3連勝を挙げたオリベイラが4番手となっている。

 日本の長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)は、26番手で予選を終えている。

MotoGP開幕戦カタールGP:Moto2クラス予選

次の Moto2 ニュース
Moto2:バニャイヤ、2018年開幕戦で自身初優勝。長島哲太は21位

前の記事

Moto2:バニャイヤ、2018年開幕戦で自身初優勝。長島哲太は21位

次の記事

新生Team Asia始動。監督就任を悩み、決断した青山博一の『率先垂範』

新生Team Asia始動。監督就任を悩み、決断した青山博一の『率先垂範』

この記事について

シリーズ Moto2
イベント ロサイル
ロケーション ロサイル・インターナショナル・サーキット
記事タイプ 速報ニュース