Moto2&Moto3テスト、“安全のため”MotoGPクラスと同じカタールへと変更

ロードレース世界選手権はMoto2及びMoto3クラスのプレシーズンテスト開催地とその日程の変更を発表。MotoGPクラスと同じくカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで実施されることが明かされた。

Moto2&Moto3テスト、“安全のため”MotoGPクラスと同じカタールへと変更

 ロードレース世界選手権MotoGPは、Moto2及びMoto3クラスの2021年プレシーズンテストの開催地と日程の変更を発表。3月中旬にカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行なわれることとなった。

 MotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツ、そして統括団体のFIM(国際モーターサイクリズム連盟)及びIRTA(国際ロードレースチーム協会)は現在、新型コロナウイルスのパンデミックによって、2021年シーズンのカレンダー調整を余儀なくされている。

 テストに関しては既に2月に予定されていたMotoGPクラスのセパンテストが中止となり、3月にカタールで日程を追加した上でテストを行なうことが決定済み。また南北アメリカ大陸で実施予定だった序盤戦も中止となり、カタールでの連戦とポルトガルGPの追加も発表済みだ。

Read Also:

 そして2月2日(火)、MotoGPは新たなスケジュール変更を発表。当初はスペイン・ヘレスで予定されていたMoto2及びMoto3クラスのテストが、MotoGPと同じカタールで3月19日から21日にかけて実施されることが明かされた。

 世界的に新型コロナウイルスに対する渡航規制が進む中、今回の決定によってMotoGPはプレシーズンテストから開幕2連戦までパドックの人員が同じ“バブル”に留まることが可能となるはずだ。

 彼らは今回の変更についてより安全で効率的なテストプログラムとし、カタールでの開幕2連戦を安全かつ確実に開催するためのものだとしている。

 MotoGPの声明には次のように記されている。

「FIM、IRTAそしてドルナ・スポーツは2021年のMoto2及びMoto3クラスのプレシーズンテスト開催地変更をお知らせする」

「これまではヘレス・サーキットで実施予定だったテストは、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行なわれることになる」

「テストは3月19日から21日にかけて行なわれる」

「また日を同じくしてイデミツ・アジア・タレントカップもプレシーズンテストを行なう予定であり、3日間の日程で各クラスごとにセッションが行なわれることになる」

「Moto2及びMoto3のテスト開催地変更はチャンピオンシップに向け、安全かつ最も効率的なテストプログラムを作るためのものであり、各クラスの移動の必要性を最小化し、開幕2連戦を安全かつ確実に開催するためのものだ」

 2021年2月現在、世界各国で新型コロナウイルス拡大の第2波が見られている。ただカタールは1日あたりの平均感染者数が346人と比較的低い水準が続いている状態にある。

 

Read Also:

シェア
コメント
元フェラーリ会長、MotoGPの”伝説”ロッシを「ザウバーからF1デビューさせることを考えた」

前の記事

元フェラーリ会長、MotoGPの”伝説”ロッシを「ザウバーからF1デビューさせることを考えた」

次の記事

ジャック・ミラー、同郷の王者ストーナーによる助言に感謝。今季は同じ道辿れるか

ジャック・ミラー、同郷の王者ストーナーによる助言に感謝。今季は同じ道辿れるか
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2 , Moto3
執筆者 Lewis Duncan