F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
2 days
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
37 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
24 days

Moto2カタール予選:同タイムの決着、ロバーツが初PP獲得。長島は14番手に

シェア
コメント
Moto2カタール予選:同タイムの決着、ロバーツが初PP獲得。長島は14番手に
2020/03/07 16:19

MotoGP第1戦カタールGPのMoto2クラス予選が行なわれ、ジョー・ロバーツが初のポールポジションを獲得した。日本の長島哲太は14番手だった。

 カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットでMotoGP第1戦のMoto2クラス予選が行なわれ、ジョー・ロバーツ(American Racing)が自身初のポールポジションを獲得した。

 今季からKTMへと移籍した長島哲太(Red Bull KTM Ajo)はQ2からのスタート。また日本のシャシービルダーであるNTSのボー・ベンスナイデル(NTS RW Racing GP)も直接のQ2進出を決めている。

 Q1が始まる時刻には既に日が落ち、完全に夜の帳が落ちていた。そんな中、多数のライトが照らすコースへと各ライダーが繰り出していった。気温は21度、路面温度は25度だ。

 最初のアタックでトップタイムをマークしたのは、ロレンソ・バルダッサーリ(Flexbox HP 40)。タイムは1分58秒768だった。ホルヘ・ナヴァッロ(Beta Tools Speed Up)、ソムキャット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)、マルセル・シュロッター(Liqui Moly Intact GP)がQ2進出圏内の4番手につけた。

 アタックはそのまま続き、シュロッターが1分58秒653を記録してトップを奪った。

 その後は4番手にエドガー・ポンス(Federal Oil Gresini Moto2)が浮上したものの、トップ3を脅かすライダーは出ないまま、セッションが終了した。

 これによりQ2進出はシュロッター、バルダッサーリ、ナヴァッロ、ポンスの4名となった。

 Q2が開始されると、SKY Racing Team VR46のマルコ・ベッツェッキとルカ・マリーニのふたりが先頭でコースイン。長島もそこから遅れずにコースへと出た。

 最初にタイムを上げてきたのはエネア・バステアニーニ(Italtrans Racing Team)。1分58秒691をマークしてトップに立った。ただ、その後ナヴァッロがコースレコードを更新する1分58秒396を叩き出したことで、バスティアニーニはトップを明け渡すことになってしまった。

 ここからはタイム更新が連発。マリーニが2番手に浮上したかと思えば、ベンスナイデルが1分58秒410でそれを上回る走りを見せ、ジョー・ロバーツも3番手に食い込んできた。

 そしてセッションが半分を過ぎる頃、マリーニがチームメイトのスリップストリームも利用して1分58秒136と一気にトップタイムを更新してみせた。

 しかしその後、単独でアタックするロバーツが1分58秒136とマリーニと全く同じタイムを記録し、トップの座を奪い取った。

 セッション終盤は上位に食い込んでくるライダーが現れないまま時間が消化。結果としてロバーツが、初のポールポジションを獲得した。

 2番手はマリーニ、3番手にはバステアニーニが並んでいる。

 NTSのベンスナイデルは最終的に5番手。長島はなかなかタイムを縮めることができず、14番手で予選を終えた。

【リザルト】MotoGP第1戦カタールGP Moto2クラス予選

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United States Joe Roberts 7 1'58.136     163.946
2 Italy ルカ マリーニ 8 1'58.136 0.000 0.000 163.946
3 Italy エネア バスティアニーニ 7 1'58.243 0.107 0.107 163.798
4 Spain ホルヘ ナヴァッロ 7 1'58.316 0.180 0.073 163.697
5 Netherlands ボー ベンスナイデル 8 1'58.410 0.274 0.094 163.567
6 Australia レミー ガードナー 8 1'58.457 0.321 0.047 163.502
7 Italy マルコ ベッツェッキ 8 1'58.513 0.377 0.056 163.425
8 Spain ホルヘ マルティン 6 1'58.532 0.396 0.019 163.398
9 Italy ロレンソ バルダッサーリ 7 1'58.582 0.446 0.050 163.330
10 Spain シャビ ビエルへ 8 1'58.626 0.490 0.044 163.269
次の記事
マルクVDS、マルケス弟後任にアウグスト・フェルナンデス起用を発表

前の記事

マルクVDS、マルケス弟後任にアウグスト・フェルナンデス起用を発表

次の記事

MotoGPコラム:日本勢がグランプリの主役に? 7人の“若武者”が開幕戦で見せる走りとは

MotoGPコラム:日本勢がグランプリの主役に? 7人の“若武者”が開幕戦で見せる走りとは
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
イベント Losail
ドライバー 長島 哲太