Moto2のホルヘ・マルティンが新型コロナ陽性。サンマリノGP欠場へ

シェア
コメント
Moto2のホルヘ・マルティンが新型コロナ陽性。サンマリノGP欠場へ
執筆:

Moto2のポイントランキング上位を争っているホルヘ・マルティンは、新型コロナウイルスの検査で陽性となったことでサンマリノGPを欠場することになった。

 新型コロナウイルスのパンデミックによって、3月の開幕戦以来シーズンを中断していたMotoGP。彼らは感染拡大防止のため、パドックへのアクセス制限や定期的な検査、マスクの着用、ソーシャルバブルの徹底といった様々な対策を講じた上で、7月にシーズンを再開させた。

 これまでの所、TV関係者に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されることはあったが、ライダー側で陽性反応は検出されていなかった。

 しかしMotoGP第7戦サンマリノGPを前に、Moto2クラスでランキング上位を争っているホルヘ・マルティンから陽性反応が検出され、レースを欠場することが分かった。

 チームの声明によるとマルティンの体調は良く、現在は自宅で隔離を受けている状態だという。

「ホルヘ・マルティンはCOVID-19の検査結果が陽性であったため、ミサノへ向かうことはできない」

「彼は保健当局のプロトコルに従い、自宅で自己隔離を行なっているが、体調は問題ない」

「Red Bull KTM Ajo Moto2チームは彼が早くパドックへ戻れること、そしてここ数戦での素晴らしい仕事を続けられることを願っている」

 マルティンはオーストリアGPでMoto2クラス初優勝を収め、続くスティリアGPでも2位表彰台を獲得。首位から8ポイント差のランキング3番手につけるなど、今季のタイトル候補の一角を占めていた。

 そのため、今回のサンマリノGP欠場はタイトル争いにおいて痛手となるだろう。

 なおMotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツによると、他チームのメカニックも検査結果が陽性となったことを確認しているが、マルティン同様に症状はなく自宅で隔離を受けているという。

 

Read Also:

Moto2スティリア決勝:長島4位。首位ゴールのマルティン、コース外走行で優勝逃す

前の記事

Moto2スティリア決勝:長島4位。首位ゴールのマルティン、コース外走行で優勝逃す

次の記事

Moto2サンマリノ予選:サム・ロウズがレコード更新のポール。長島哲太は9番手

Moto2サンマリノ予選:サム・ロウズがレコード更新のポール。長島哲太は9番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto2
ドライバー ホルヘ マルティン
執筆者 Lewis Duncan