Moto2イギリス:フェルナンデス、最終周の大逆転で3連勝! 小椋藍、惜しくも表彰台届かず4位

MotoGP第12戦イギリスGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれ、アウグスト・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)が優勝した。

Moto2イギリス:フェルナンデス、最終周の大逆転で3連勝! 小椋藍、惜しくも表彰台届かず4位
Listen to this article

 MotoGP第12戦イギリスGPのMoto2クラス決勝レースは、ファイナルラップの大逆転でアウグスト・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)が制した。

 サマーブレイク明け、後半戦初戦となったイギリスGPの舞台は、週末を通して好天に恵まれたシルバーストン・サーキット。Moto2クラスの決勝は、週末最後のレースとして行なわれた。

 ポールポジションは2連勝中のフェルナンデス。同ポイントで並ぶポイントリーダーのセレスティーノ・ビエッティ(Mooney VR46 Racing Team)は5番グリッドの上、ロングラップペナルティを科されており、フェルナンデスはこのレースでポイントリーダー浮上を狙った。

 このふたりを1ポイント差で追うランキング3番手の小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)も、フロントロウ3番手としっかりと上位につけた。

 18周のレースがスタートすると、2番グリッドのジョー・ロバーツ(Italtrans Racing Team)が首位に。以下フェルナンデス、小椋というオーダーとなったが、ハンガーストレートで2台を抜いた小椋が一気に首位に躍り出てオープニングラップを終えた。

 フェルナンデスが4番手、ビエッティが10番手までポジションを落とした一方、小椋も8番手スタートのアロンソ・ロペス(CAG Speed Up)に抜かれ2番手に。ロペスはプッシュしているのか後続を引き離しにかかったが、小椋も0.4秒ほどのギャップでそれを追った。

 3番手争いはフェルナンデスやロバーツ、アロン・カネット(Flexbox HP40)の三つ巴。このバトルの影響もあって、小椋の後ろにも少しスペースができた。4周目には、9番手を走っていたビエッティが挙動を乱しながらもペナルティを消化。12番手に後退した。

 カネットはペース良く小椋を追い上げると、6周目に小椋をパス。小椋の後ろにはフェルナンデスがぴったりとつけて周回を重ねた。

 ただロペスは、カネットを簡単には寄せ付けずに首位をひた走る。徐々に後続のマシンが迫ってくる中、小椋は9周目にフェルナンデスにオーバーテイクを許してしまった。

 小椋の後ろにジェイク・ディクソン(GASGAS Aspar Team)も加わり、2番手争いは4台の集団に。アロンソとフェルナンデスが順位を何度か入れ替えるバトルを演じたのを尻目に、ロペスは1秒ほどまでリードを広げた。

 小椋は残り8周のところでフェルナンデスを抜き返し3番手。さらにその翌周にはカネットも抜いて2番手を取り戻した。ただ、カネットと小椋が続けざまに挙動を乱し、フェルナンデスが2番手となるなど、集団の激しいバトルが続いた。

 フェルナンデスは残り6周を切ったところでファステストラップを更新。集団から抜け出すと、ロペスとの差を徐々に削り取っていく。小椋にそれを追うほどのペースはなく、ディクソンやカネットにも抜かれ5番手に後退した。

 フェルナンデスは残り4周を切ったところで、完全にロペスをロックオン。無理をせずに好機を待ったフェルナンデスだが、ロペスも懸命なディフェンスでそのチャンスの芽をつぶしていった。

 このまま、ダークホースのロペスがトップチェッカーを受けるかと思われたが、フェルナンデスは最終ラップの残りコーナー3つというところで目いっぱいのブレーキング。うまくマシンをコントロールしきってインに飛び込むと、そのままトップでフィニッシュ。大逆転で3連勝を飾った。

 これまで自己ベストリザルトが6位だったロペスは、惜しくも優勝に届かず2位。それでも嬉しい初表彰台獲得となった。

 3位はディクソン。小椋はファイナルラップにカネットを攻略して4位でフィニッシュした。表彰台には届かなかったが、苦しい中でも粘りきった小椋は、ビエッティが6位となったこともあって、フェルナンデスと13ポイント差のランキング2番手となっている。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 Spain アウグスト フェルナンデス 18 -     25
2 Spain アロンソ ロペス 18 0.070 0.070 0.070 20
3 United Kingdom Jake Dixon 18 0.662 0.662 0.592 16
4 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 18 1.741 1.741 1.079 13
5 Spain アロン カネット 18 1.946 1.946 0.205 11
6 Italy Celestino Vietti Ramus 18 5.440 5.440 3.494 10
7 United States Joe Roberts 18 7.528 7.528 2.088 9
8 Spain ホルヘ ナヴァッロ 18 10.647 10.647 3.119 8
9 Czech Republic フィリップ サラック 18 11.646 11.646 0.999 7
10 Netherlands ボー ベンスナイダー 18 12.259 12.259 0.613 6

シェア
コメント
Moto2イギリス予選:小椋藍、フロントロウ3番手。タイトル争いのライバル、フェルナンデスがPP
前の記事

Moto2イギリス予選:小椋藍、フロントロウ3番手。タイトル争いのライバル、フェルナンデスがPP

次の記事

羽田太河、第13戦オーストリアGPからMoto2に参戦が決定。負傷ロドリゴの代役で8戦出場へ

羽田太河、第13戦オーストリアGPからMoto2に参戦が決定。負傷ロドリゴの代役で8戦出場へ