Moto2スペイン決勝:ルカ・マリーニが今季初優勝。長島哲太が2位で連続表彰台

シェア
コメント
Moto2スペイン決勝:ルカ・マリーニが今季初優勝。長島哲太が2位で連続表彰台
執筆:

MotoGP第2戦スペインGPのMoto2クラスの決勝レースがヘレス・サーキットで行なわれ、ルカ・マリーニが今季初優勝を挙げた。日本の長島哲太は2位表彰台となった。

 MotoGP第2戦スペインGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれ、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が今季初優勝を挙げた。

 3月のカタールGP以来のレースとなるMoto2クラス。コンディションはMoto3から更に暑さを増し、気温30度、路面温度47度といった状態で23周のレースが始まった。

 ポールポジションのホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)は良いスタートを切り、順当にホールショットを奪って先行。8番手スタートの長島哲太(Red Bull KTM Ajo)はオープニングラップでふたつポジションを上げ6番手だ。

 先頭集団はマルティン、アロン・カネット(Inde Aspar Team Moto2)、マリーニがトップ3を形成。既に後続に差をつけようとする3台を長島が逃すまいと一気に追い上げ、2周目には4番手に浮上した。

 長島は3周目にカネットを軽くかわして3番手に浮上。表彰台圏内に入った。そして先頭ではマリーニがマルティンを追い抜いてトップに浮上すると、ペースアップし後続を引き離しにかかった。

 ただ長島もその動きに素早く反応しマルティンを即座にパス。2番手でマリーニを追う体制に入った。

 3番手争いでは7周目にマルティンをマルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)がパス。しかし8周目のターン10で転倒してしまい、あえなくリタイアとなった。

 先頭を往くマリーニはペースをさらに上げてプッシュ。長島もこれにはついていけず、10周の時点で約1秒の差がついてしまった。

 そこからは長島がプッシュして差を縮めると、またマリーニがプッシュして差が開く……この繰り返しが続き、1.3〜1.6秒ほどの差で安定している状況は変わらないまま、周回を消化していった。

 このギャップはなかなか埋まらなかったが、残り6周でついに長島が1秒差にまで最接近。ただマリーニはここでさらにプッシュ。ラスト3周で再びギャップを1.5秒にまで広げてみせた。

 そして、そのギャップは縮まらないままラストラップに突入。マリーニは1秒以上のギャップを維持したままトップでチェッカーを受け、今季初優勝を挙げた。パルクフェルメには兄のバレンティーノ・ロッシも駆けつけて祝福した。

 2位は長島。最後までマリーニへ向けてプッシュしたが、追いつくことはできず惜しくも2位表彰台となったが、開幕戦優勝に続き2戦連続の表彰台。3位にはマルティンが入り、Red Bull KTM Ajoはダブル表彰台獲得となった。

 
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Italy ルカ マリーニ 23 -       25
2 Japan 長島 哲太 23 1.271 1.271 1.271   20
3 Spain ホルヘ マルティン 23 4.838 4.838 3.567   16
4 United Kingdom サム ロウズ 23 6.200 6.200 1.362   13
5 Spain アロン カネット 23 10.794 10.794 4.594   11
6 Malaysia ハフィス シャーリン 23 15.578 15.578 4.784   10
7 Australia レミー ガードナー 23 17.426 17.426 1.848   9
8 Italy ロレンソ バルダッサーリ 23 19.416 19.416 1.990   8
9 Italy エネア バスティアニーニ 23 19.505 19.505 0.089   7
10 Spain シャビ ビエルへ 23 19.590 19.590 0.085   6

Moto2スペイン予選:マルティンがポール獲得。長島哲太は8番手タイム

前の記事

Moto2スペイン予選:マルティンがポール獲得。長島哲太は8番手タイム

次の記事

Moto2アンダルシア予選:ベッツェッキPP獲得。長島執念の出走も15番手

Moto2アンダルシア予選:ベッツェッキPP獲得。長島執念の出走も15番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto2
イベント スペインGP
サブイベント Race
執筆者 永安陽介