Moto2チェコ予選:ロバーツ、今季2度目のPP獲得。長島はQ1敗退で後方スタート

MotoGP第4戦チェコGPのMoto2クラス予選が行なわれ、ジョー・ロバーツがポールポジションを獲得した。

Moto2チェコ予選:ロバーツ、今季2度目のPP獲得。長島はQ1敗退で後方スタート

 MotoGP第4戦チェコGPのMoto2クラス予選がブルノ・サーキットで行なわれ、ジョー・ロバーツ(Tennor American Racing)が今季2度目のポールポジションを獲得した。

 Moto2クラスは3戦を終え、長島哲太(Red Bull KTM Ajo)がポイントリーダーとしてチャンピオンシップをリードしているが、今回長島はQ1からの出走となった。

 その予選Q1ではファビオ・ディ・ギャナントニオ(MB Conveyors Speed Up)が2分2秒093でトップタイムを記録し、ボー・ベンスナイダー(NTS RW Racing GP)、ステファノ・マンツィ(MV Agusta Forward Racing)、ジェイク・ディクソン(Petronas Sprinta Racing)の4名がQ2進出を決めた。

 長島もアタックをかけたが、フロントが暴れている状況でタイムを更新できないままセッションが終了。7番手で予選Q1敗退となり、決勝は21番グリッドスタートとなってしまった。

 続くQ2ではまずロバーツが2分2秒115をマークしてトップにつけ、そこにハフィズ・シャリーン(Openbank Aspar Team)、マルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)が続いた。

 その後エネア・バスティアニーニ(Italtrans Racing Team)が2分1秒881と更にタイムを縮め、トップは入れ替わった。

 セッション中盤ではロバーツがタイムを短縮。2分1秒692で再びトップタイムとした。またサム・ロウズ(EG 0,0 Marc VDS)もアタックに向かうと、2分1秒822と好タイムをマークして2番手に浮上した。

 終盤のアタックではタイム更新がなかなか見られないままセッションが終了。ロバーツが開幕戦以来2度目のポールポジションを獲得した。2番手にはロウズ、3番手にはバスティアニーニが並んだ。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United States Joe Roberts 7 2'01.692     159.836
2 United Kingdom サム ロウズ 7 2'01.822 0.130 0.130 159.665
3 Italy エネア バスティアニーニ 7 2'01.881 0.189 0.059 159.588
4 Malaysia ハフィス シャーリン 8 2'02.145 0.453 0.264 159.243
5 Italy マルコ ベッツェッキ 7 2'02.178 0.486 0.033 159.200
6 Spain ホルヘ マルティン 7 2'02.289 0.597 0.111 159.056
7 Germany マルセル シュロッター 8 2'02.345 0.653 0.056 158.983
8 Spain アウグスト フェルナンデス 7 2'02.365 0.673 0.020 158.957
9 Italy ファビオ ギャナントニオ 7 2'02.376 0.684 0.011 158.942
10 Italy ルカ マリーニ 7 2'02.494 0.802 0.118 158.789

シェア
コメント
ロッシ、VR46アカデミー生の活躍は”誇り”。でもレース後アクシデントにはお叱り
前の記事

ロッシ、VR46アカデミー生の活躍は”誇り”。でもレース後アクシデントにはお叱り

次の記事

Moto2チェコ決勝:バスティアニーニ、連勝でランク首位。長島11位でポイント確保

Moto2チェコ決勝:バスティアニーニ、連勝でランク首位。長島11位でポイント確保
コメントを読み込む