F1
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
MotoGP
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
3 days
スーパーフォーミュラ

Moto2スティリア決勝:長島4位。首位ゴールのマルティン、コース外走行で優勝逃す

シェア
コメント
Moto2スティリア決勝:長島4位。首位ゴールのマルティン、コース外走行で優勝逃す
執筆:

MotoGPスティリアGPのMoto2クラス決勝は、SKY Racing Team VR46のマルコ・ベッツェッキが、チェッカー後に首位フィニッシュのホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)にペナルティが出されたことで優勝。長島哲太は4位だった。

 MotoGP第6戦スティリアGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、ホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)がトップチェッカーを受けた。しかし、最終ラップでコース外走行があったとして、1ポジション降格のペナルティ。SKY Racing Team VR46のマルコ・ベッツェッキが初優勝を果たした。長島哲太は4位だった。

 2週連続、オーストリアのレッドブルリンクを舞台に行なわれたMotoGP。同地での2戦目は”スティリアGP”と銘打たれて開かれた。決勝レーススタート時の気温は24度、路面温度は37度というコンディションである。

 ポールポジションにつけたのは、アロン・カネット(Openbank Aspar Team)、2番手にはホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)がつけ、マルティンのチームメイトである長島哲太もフロントロウの一角、3番グリッドを手にした。

 絶好のスタートを見せたのはマルティンで、長島は3番手をキープしたままレースをスタートさせていった。1周目から、フロントロウの3人が後続を引き離していく展開。そして最終コーナーでは、アウグスト・フェルナンデス(EG 0,0 Marc VDS)が転倒してしまう。

 2周目のターン4で、2番手を走っていたカネットがまさかの転倒。ここでレースを終えることになってしまった。カネットは脚をバイクと路面に挟んでしまったようで、痛がる素振りを見せた。さらに翌3周目のターン3では、サム・ロウズ(EG 0,0 Marc VDS)が止まりきれずに、ソムキアット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)に追突。さらにそのアウト側を走っていたホルヘ・ナヴァッロ(+ EGO Speed Up)をも巻き添えにするという事故も起きた。この事故でロウズにはブラックフラッグが振られ、失格処分となった。

 カネットが脱落したことで、1-2体制を築いて逃げていくかに見えたRed Bull KTM Ajo勢だが、レミー・ガードナー(Onexox TKKR SAG Team)とマルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)がこれにくらいついていき、4台による上位争いの様相となっていった。

 11周目、ガードナーがターン3で長島をオーバーテイク。長島はこの隙にベッツェッキにも並ばれたが、なんとか3番手のポジションは死守した。ただ続く12周目の同じターン3で、ベッツェッキが長島をパス。長島は4番手までポジションを落とすこととなった。2台に抜かれた長島はペースを上げられず、ジリジリと引き離されてしまうばかりか、トーマス・ルティ(Liqui Moly Intact GP)にも迫られる苦しい展開となった。

 16周目、ベッツェッキはガードナーを抜いて2番手に浮上。そのバトルの際に、長島はふたりとの差を一気に縮めて、再び3台の集団のような様相を呈してきた。

 マルティンの逃げ切りかと思われたレースだが、ベッツェッキがそのリードを徐々に削り取っていった。20周目のタイミングで、その差は1秒以内に。これをガードナーと長島も追いかけていき、レース最終盤を迎えた。

 ベッツェッキは少しずつマルティンとの差を削り取っていき、0.3秒差で最終ラップへ。しかしマルティンはなんとかベッツェッキを抑え切り、トップチェッカー。2位ベッツェッキ、3位ガードナーという表彰台の面々となった。長島はトップ3についていったが、惜しくも4位でのフィニッシュとなった。

 ただチェッカー後にさらなるドラマが待っていた。マルティンには最終ラップでコース外走行があったとして、1ポジション降格のペナルティ。これで、ベッツェッキが初優勝を手にすることとなった。

Read Also:

Moto2スティリア予選:長島哲太が3番手フロントロウ。カネットがクラス初ポールポジション

前の記事

Moto2スティリア予選:長島哲太が3番手フロントロウ。カネットがクラス初ポールポジション

次の記事

Moto2のホルヘ・マルティンが新型コロナ陽性。サンマリノGP欠場へ

Moto2のホルヘ・マルティンが新型コロナ陽性。サンマリノGP欠場へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
執筆者 田中 健一